読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ワンランクアップのおもてなしケーキ!女子も喜ぶ栗のクグロフ

寒くなってくると、バターたっぷりのケーキが食べたくなるのは…私だけ(笑)!?クグロフは主にフランスのアルザス地方、ドイツで食べられるケーキで、私もフランス留学中に、アルザスを旅した時に食べました。何と言っても、形がかわいくて、好きな人も多いのではないでしょうか!女子会で作るのもおススメです!

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 30分+焼き時間50分

このレシピを試すのにかかる金額

  • 約780円

栗のクグロフ

材料(クグロフ型15cm1台分)

無塩バター 80g
グラニュー糖 70g
卵 80g
薄力粉 80g
アーモンドパウダー 30g
ラム酒 10cc
栗の渋皮煮 80g

○飾り用
栗の渋皮煮、ピスタチオ、粉糖、水 各適量

下準備

・型の内側に、バターを塗って強力粉をはたいておく。
・バター、卵は室温に戻しておく。
Point!
温度が低いと、ケーキを作るときに分離しやすくなるのでここは絶対に守って!

・オーブンは180℃に予熱しておく。
・クグロフの中に入れる栗は適度な大きさにカットする。
Point!
栗はあまり大きすぎるよりは、少し小さめにカットした方が味が均等に分散されるのでおすすめ!

作り方

① バターをボールに入れて、ハンドミキサーで泡立てる。

② グラニュー糖を加えしっかりとすり混ぜる。
Point!
ベーキングパウダーを使わないので、ここでしっかり混ぜて空気を含ませて膨らませる必要があります。白っぽくふわっとしてくるまでしっかりと混ぜてください。

③ 卵を6~8回に分けて少しずつ加える。卵が半分入った所でふるったアーモンドパウダーを加えて混ぜる。その後、残ってる卵をまた数回に分けて混ぜ入れる。
Point!
少しずつ混ぜないと、バターの油脂分と卵の水分が分離してしまうので注意。

④ 薄力粉をふるいながら加えて混ぜる。
Point!
混ぜる時はゴムベラを使って、練らない様にサックリと混ぜること。

⑤ 8割がた混ざった所で、ラム酒、栗の渋皮煮を加えて完全に混ぜる。
Point!
8割なので、粉っぽさがまだ少し残ってる状態で大丈夫!そこでラム酒、栗を加えて完全に混ぜてください。

⑥ 型に流し入れて、ぬれた布巾の上でしっかり目に空気抜きをして180℃で45~50分焼く。
Point!
個人的には、しっかりめに焼いた方が好きなので50分+5分焼いてもおいしい!

⑦ 焼きあがって冷めたら、粉糖に水を加えて好きな硬さのアイシングを作って、クグロフの上からかけ、栗の渋皮煮とピスタチオを飾る。

Bon appetit!!


執筆者:嶋原 直子

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年10月11日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録