新名物は極旨(ごくうま)まぐろ! 「海鮮三崎港」が「回転寿司みさき」にリブランディング

更新日:2021年11月22日 / 公開日:2021年11月22日

テイクアウト寿司チェーン「京樽」や、回転寿司「海鮮三崎港」などを展開する京樽は、回転寿司「海鮮三崎港」を「回転寿司みさき」と変更、11月19日(金)より順次店舗をリブランディング。屋号とロゴが変わります。

FOOD & LIFE COMPANIESの子会社である京樽は、運営する回転寿司「海鮮三崎港」を「回転寿司みさき」と変更、11月19日(金)より順次店舗をリブランディング。それに伴い、「海鮮三崎港」は11月19日(金)から順次「回転寿司みさき」へと屋号ならびにロゴを変え、生まれ変わります。

「回転寿司みさき」の新たなロゴは、「海鮮三崎港」の“三”を継承するとともに、お客様への3つの約束の意思が込められています。

「まぐろの女王」天然インドまぐろの希少部位が登場

「回転寿司みさき」での新名物は“極旨(ごくうま)まぐろ”。中でも、より希少性が高いのが「はがし大とろ」で、インドまぐろの大とろ部分で、1本あたり約1.5%しかとれない希少部位です。身の中でも筋に沿っている部位で、筋から身を剝がすため「はがしとろ」といいます。手間がかかり、“職人の技”があるからこそうまく剥がすことができ、筋がなく滑らかで、とろの甘みと旨み、まぐろ本来の香りが楽しめます。

また、豊洲から直送する旬のネタや職人のひと手間を加えた寿司に加え、旬の食材、新商品を楽しめる月1回のフェアも行われます。

「天然インドまぐろ希少部位食べ比べ5貫盛」は、まぐろの希少部位を食べ比べできる豪華な一皿です。

新しい店舗デザインのテーマは「和モダン」

高円寺店の外観と内観

新しい店舗は、木目調をベースに和モダンに仕上げ。店内には旬のネタが掲示されていて、その日のおすすめがすぐにわかります。席についたら、職人やスタッフに声がけすると、その日入荷されたネタについて説明してくれるそうです。

「高円寺店」と「人形町店」は11月19日(金)から、「回転寿司みさき」にリブランディング。その他の店舗も用意ができ次第、順次生まれ変わります。

<関連リンク> →スシロー、禁断の「1皿99円」! 黄色皿60種類が対象、「Go To 超スシロー PROJECT」復活でにんにく好きにはたまらない!唐揚げ定食専門店の「からやま」の期間限定メニュー「バリバタチキン」が登場焼肉食べ放題専門店「焼肉きんぐ」、ジンギスカン、紅ズワイがに、塩ホルモンなどの北海道グルメが楽しめるフェアを開催


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録