ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「虫食い」で着られなくなった古着カシミヤニットをアップデートして販売開始

目次


アパレル事業を展開するヒューマンフォーラムが運営する「mumokuteki(ムモクテキ)」は、古着のカシミヤニットをパッチワークで再構築した「古着のアップサイクル商品」を11月17日(水)に、同ブランド全店舗、ECサイトにてリリースした。

同ブランドでは2015年から古着のアップサイクルに取り組んでいる。

アップサイクルとは

アップサイクルとは「貴重なアンティーク古着だけど汚れが目立つ」「まだ着られるけど、ダメージが気になる」「状態は良いけど、そのままの形では需要がない」等の理由で、そのままでは着用しづらい古着へアイデアと手仕事を施し、付加価値を付けること。

そして、誰かにまた必要とされるような洋服へ変化させることだ。

カシミヤニットのアップサイクル


古着は経年劣化に伴い、虫食い・穴あきなどのダメージが発生しているケースが多々ある。なかでもカシミヤニットは、上質な素材だが虫食いダメージが起きやすいアイテムだ。


そこで、今回のアップサイクル商品は、あえて「古着のカシミヤニット」を材料に選んだ。

もとのダメージを無くし、付加価値をつける方法に選んだのは“秋冬ファッショントレンドのパッチワーク”だ。

古着のカシミヤニットを1着づつ、丁寧にダメージを確認し、組み合わせる色をセットする。

1着で2.5着分のカシミヤニットを使用


1着のパッチワークニットを完成させる為、使用したカシミヤニットは2.5着分。虫食いダメージの有無以外にも、材料となるニットの形は全て異なる。

パッチワークで再構築することにより、「ニットの縮み」や 「今気分ではない古いシルエット」の問題も解消することが出来た。

古着という1点物に手を加え、付加価値を付けたリメイクパッチワークニットとなっている。

これからも“今在る服に目を向け、大切に繕う”同ブランらしい古着のアップサイクルを続けていく。

mumokuteki

mumokutekiは、「いきるをつくる」をコンセプトに運営される、日本の良いものや体にいいものを扱うブランド。アパレル、食品、カフェ、家具を販売。

付加価値を付けたカシミヤのパッチワークニットをチェックしてみて。

mumokuteki goods&wears 公式オンラインストア:https://www.mumokuteki.jp/fs/mumokuteki/c/remake


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

michicos

カテゴリ

michill 公式アカウント

michicos
ログイン・無料会員登録