ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

そのダウン、デブ見えです!「着やせのつもり」のNGコーデって?

目次

もうすぐやってくる、ダウンコートが欠かせない真冬。手持ちのダウンを活用するも良し、新しく新調するも良し。ただし、何より注意が必要なのはその“着こなし”です。

最近では、細見えするダウンなども登場していますが、やっぱり組み合わせ次第で太って見えたり、老けて見えたりします。

そこで今回は、多くの人がやってしまいがちなダウンコートのデブ見え&老け見えNGコーデをご紹介します。

 

えっ、着痩せコーデだとばかり…「ショート丈ダウン×ワイドパンツ」

ショート丈のダウンはロング丈のダウンコートに比べると、布面積が少ないぶん太って見えにくい要素があります。しかし、ボトムスの合わせ次第では着やせ効果どころか、太見えを誘発するので注意しましょう。

 

そのNGコーデの最たる組み合わせがワイドパンツです。

 

ワイドパンツは一見、合わせやすくショート丈ダウンとも相性が良いと思われがちですが、コーデ全体がふっくらして見える場合があります。

 

というのも、ショート丈ダウンはふっくらしているシルエットなので、必然的に上半身がボリューミィに見えます。対するボトムスもワイドパンツだと腰・お尻まわりが余計に張って見えて全体を通して横に大きく広がって見えるようになるのです。

 

ショート丈ダウンには、ストンと落ち感のあるフレアスカートや細身のフレアパンツがベストマッチします。もしワイドパンツを合わせるならリブやニット素材など腰まわりが余計に張ることのない素材を選ぶと良いですね。

 

個人的におすすめの着やせアイテムは柄のワンピース。ダウンの中から見える洋服は色や柄、素材ともに統一感があるほどにスッキリ見えるので、ワンピースもしくはオールインワンがベストマッチしますよ。

 

これは確かに量産型オバサンだわ…「ミドル丈ダウン×チュニック×デニム」

次にNGなのはダウンコートのオバ見えスタイル。ミドル丈のダウンコートにチュニック丈ワンピース、ボトムスにデニムを合わせたコーディネートは特に気をつけて。これは街中でよく見かけるコーデですし、変な着こなしというほどではありません。

 

ですが、体型カバーできることにばかり意識をおいた消極的なコーディネートといった印象が否めず、老け感が増しやすい一面も。

 

そもそもでミドル丈のダウンコートは上下コーデとのバランスを整えるのが難しいのであまりおすすめしないアイテムなのです。

 

もし、ミドル丈のダウンコートを取り入れるならばおすすめは、Aラインシルエットのダウンコート。裾がアルファベットの「A」のように広がっているので、その対比で脚の細さを強調できる利点もあります。

 

また、同じく今季トレンドのロングブーツとの相性も抜群。全身コーデのシルエットに今っぽさがあるだけで老けた印象をなくせるため、新しくダウンコートを購入しようか検討している方はトレンドのシルエットラインにも注目してみてくださいね。

 

手持ちのミドル丈コートを今っぽく取り入れたい方は、ハイウエストのストレートデニムとの組み合わせが鉄板のおすすめコーデです。

 

カンタンすぎる!!今年のダウンは「前閉じ」して楽んでみて!

“今年らしさ”という点で、もうひとつ押さえていただきたいのがダウンコートの前閉じスタイルです。

 

これまで、ダウンコートは「前ボタンを閉じると急にダサく見える」のが通説でした。しかし、ここ2〜3年でダウンコートのデザインが進化したため「ボタンを閉じて着るほうが可愛いダウン」というのも登場しています。

 

これは、防寒性の面から見ても嬉しいポイントですよね。先ほどご紹介したAラインのダウンコートも前閉じで楽しむダウンのひとつですし、ロング丈のダウンコートにもそのようなデザインが多く展開されているので、ぜひ今のうちに新作ダウンをチェックして見てくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

michicos

カテゴリ

michill 公式アカウント

michicos
ログイン・無料会員登録