年末年始の贈答や自分へのご褒美に!山形の日本酒「楯野川」の蔵人と話せる販売会実施

更新日:2021年12月1日 / 公開日:2021年12月1日


楯の川酒造が、年末年始における日本酒の購買需要の増加に応え、西武池袋本店及び伊勢丹浦和店にて「蔵人と話せる」販売会を実施する。

楯の川酒造の蔵人が店頭で案内

東北随一の純米大吟醸蔵である楯の川酒造。その“綺麗な酒質”は、日本酒ビギナーから日本酒通まで幅広い層に支持されている。


今回の販売会では、普段直接購入者とかかわることのない蔵人が、店頭に立って案内を実施。新型コロナウイルス感染予防のため試飲は行わないが、「飲酒シーン」や「好みの味・風味」といった情報から、楯野川商品でおすすめのものを紹介する。


“日本酒をどう選んでいいかわからない”と悩んでいる人はもちろん、“蔵人と交流して自分好みのお酒を選びたい”人や、“日本酒を試してみたいけどどれから試していいかわからない”といった人にもオススメだ。

定番から特別な商品まで幅広く品揃え


同販売会では、1年頑張った自分へのご褒美、年末年始のお祝いや、お歳暮などの贈答といった多様な需要に応えるべく、ベーシック商品からラグジュアリー商品まで多数展開予定。「楯野川 純米大吟醸 清流」や「楯野川 純米大吟醸 中取り美山錦」などの定番の他、季節商品や限定商品も幅広く取り扱う。

また、西武池袋本店では、現地の蔵でしか飲めない活きた酒の味わい・香りを届ける生酒シリーズ「楯野川無我」の「楯野川無我 ブラウンボトル」を販売。伊勢丹浦和店では、今期限りで終売が決定している限定商品「楯野川 純米大吟醸 一雫入魂(いちだにゅうこん)」と「楯野川 純米大吟醸 十八」を販売する。

「蔵人と話せる」販売会の詳細

「蔵人と話せる」販売会は、12月1日(水)~7日(火)の期間、西武池袋本店 和洋酒売り場にて開催され、12月15日(水)~22日(水)の期間は、伊勢丹浦和店 和洋酒売り場にて開催。

なお、休憩などにより一部時間帯で蔵人が店頭に立っていない場合があるほか、売れ行きによって、店頭に並ぶ商品が変動する。

楯の川酒造 公式HP:https://tatenokawa.com/ja/sake/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録