読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】「天然」ってどういう意味? 葉酸サプリの選び方

このコラムにありがとう

目次

妊娠前後は特に重要なビタミンである「葉酸」。葉酸サプリの中には「天然」を売りにするものもありますが、そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

この記事の監修ドクター

パークサイド広尾レディスクリニック内山明好 院長 浜松医科大学医学部卒業。医学博士。同大学整形外科学入局、ハーバード大学骨疾患研究所留学。その後エーザイ株式会社、グラスソ・スミスクライン株式会社にて臨床開発、薬事、薬剤安全性等の部門長、 担当役員を歴任後、株式会社アーテイジ代表取締役社長として遺伝子検査やサプリメントを用いた健康増進事業に取り組む。 現在、医療法人社団宗友会パークサイド広尾レディスクリニック理事長・院長。 http://www.ladies-clinic.or.jp/

天然?化学合成?葉酸サプリメントの2つの種類

528577350

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

葉酸を摂取する方法には「普通の食事から摂取する方法」と「サプリメントから摂取する方法」の2つがあります。さらに葉酸サプリメントの中にも「天然由来のもの」と「そうでないもの」が存在します。

葉酸には2つの種類がある

食品にそのまま含まれる葉酸(天然の葉酸)は「ポリグルタミン酸」(プテロイルポリグルタミン酸)と呼ばれます。一方、成分調整された葉酸は「モノグルタミン酸」(プテロイルモノグルタミン酸)と呼ばれ、サプリメントや強化食品に配合されています。

一般的に「成分調整された」と聞くと、何か悪いイメージを持つかもしれませんが、それは大きな間違いです。成分調整された葉酸(モノグルタミン酸)は「生体利用効率が大変高い」という特徴があります。生体利用効率とは、成分が体に摂取されてから吸収され、利用される割合のことです。化学合成された葉酸サプリメントの場合には、生体利用効率が85%にもなるといわれています。

一方、食品にそのまま含まれる葉酸(ポリグルタミン酸)は、生体利用効率が50%と、わずか半分程度しかありません。

葉酸サプリメントの「天然」ってどういう意味?

成分が調整されている以上、葉酸サプリメントに使われている葉酸は「天然」ではないことになります。葉酸サプリメントで言われる「天然」とは、「原材料」を指しています。例えばレモンやほうれん草が原料である場合、成分が調整されていても「天然の葉酸サプリメント」と表示されます。一方で食品以外のものが原料となっている場合もあり、こちらは天然の葉酸サプリメントとは表示できません。

妊娠前後の方はどちらを選ぶべき?

このように、成分調整された葉酸(モノグルタミン酸)の中にも「食品由来(天然由来)」と「化学物質由来」の2種類があります。妊娠前後の方は「食品由来(天然由来)の葉酸サプリメント」を選ぶと良いでしょう。

ただし「天然ならばどの製品でも良さそう」というのは、少々危険です。食品由来(天然由来)の葉酸サプリメントでも、品質管理がしっかりと行われていなければ、摂取する上でやはり心配です。メーカーが厳しい基準で品質管理を徹底しており、なおかつ必要なチェックなども行われていれば安全性は高いと言えるでしょう。

なお、妊婦さんの中には「サプリメントでの摂取そのもの」を否定する方もいらっしゃいますが、毎日の食事だけで、充分な量の葉酸を摂取することがかなり難しいと考えられています。特に妊娠前(妊娠希望の女性や、妊娠した可能性がある方)は、普段の食事で摂取する葉酸の2倍以上の摂取が推奨されています。したがって厚生労働省なども「サプリメントや強化食品で(付加分の)葉酸を摂取するように」と提言しています。

原料や品質管理体制などをしっかりと確認して選べば、サプリメントを恐れる必要はありません。葉酸不足によって妊娠中の母子の健康に悪影響が及ぶ方が心配ですので、サプリメントを利用することが得策です。

葉酸サプリの種類①天然(食品由来)

124550577

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

天然(食品由来)の葉酸サプリメントは「食品の安全性」と、「サプリメントの高い吸収率」という、2つの良さを兼ね備えています。妊娠前後の女性に適していますが、商品選びではしっかりと比較・検討する必要があります。

天然(食品由来)の葉酸サプリのメリット

天然(食品由来)の葉酸サプリメントのメリットは、吸収される成分の安全性が高いということです。もともと口に入れても問題がない食品を利用して作られたものですから、含まれている成分により予期せぬトラブルが起こることはほぼないと言えるでしょう。この点は特に、妊娠前後の女性にとっては注目すべきポイントかと思います。

加えて多くの場合「モノグルタミン酸」の形に成分調整されているため、生体利用効率は85パーセントにアップしています。天然(食品由来)の葉酸サプリメントならば、私たちが普段食品から摂取する自然な形に近く、なおかつ効率的な摂取が期待できると言うわけです。

ちなみに、天然(食品由来)の葉酸サプリの場合は、原料名の欄に「葉酸」とは書かれておらず「ホウレン草」「レモン」など食品名がそのまま記載されています。

天然(食品由来)の葉酸サプリのデメリット

食品から抽出した天然由来の葉酸は、とても繊細です。

後ほど「葉酸サプリの選び方」のコーナーで詳しくご説明しますが、例えばサプリメントの製造時に高温にさらされてしまうと、せっかくの葉酸が分解されることになります。また、繊細な天然由来(食品由来)という性質上、メーカーでは管理体制・チェック体制などに、細心の注意が必要となりますので、製品を選ぶ際にはしっかりしたメーカーの製品かどうかも気をつける必要があります。

葉酸サプリの種類②化学合成(化学物質由来)

147848774

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

化学式は同じなので、確かに葉酸ではありますが、お母さんと赤ちゃんの健康を考えると積極的に選ぶのは控えたほうがいいかもしれません。

化学合成の葉酸サプリのメリット

成分が化学合成された葉酸サプリメントは、比較的安価に出回っているケースもあるようです。価格に加えて、生体利用効率の高さにメリットがありますが、特に胎児に対する安全性については不明瞭な部分が多いと言えるでしょう。

化学合成の葉酸サプリのデメリット

化学合成の葉酸サプリメントは、体内で分解・利用される際、内臓に負担をかけてしまうと言われています。化学合成された葉酸サプリメントは、化学物質や石油由来です。つまり自然界に存在する食品とは異なりますので、人体で分解・利用がしにくいと考えられています。おなかの中の赤ちゃんに対しては、アトピー性皮膚炎や喘息の原因となると考える専門家もいます。

葉酸サプリの選び方

613317142

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

はじめにご紹介しましたが「天然と書かれた葉酸サプリメントならば何を選んでも良い」ということはありません。お母さんと赤ちゃんがより安心して摂取できる、葉酸サプリメントの選び方を確認してみましょう。

1.天然(食品由来)では特に「低温処理」のもの

葉酸は水溶性のビタミンで、熱にも弱いことが知られています。それも100℃などの高温ではなくても、55℃前後でも分解されてしまいます。

実はサプリメントの製造過程で、いわゆる加熱処理を行う必要があるのですが、この時に高温にさらされてしまうと、せっかく天然から抽出した葉酸にダメージが加わっている恐れがあります。このようなことがないように「低温処理」で製造された葉酸サプリメントを選ぶと良いでしょう。

2.食品添加物が少ないこと

サプリメントに配合されている成分を調べると、原材料以外にも様々な成分が入っているケースがありますが、その多くが食品添加物です。もちろん、法律で定められた基準に合格しており、安全性に問題がないとされている成分ですが、可能な限り食品添加物は使われていない方が良いのは言うまでもありません。

食品添加物が人体に与える影響はまだ未知な部分があり、だからこそ避けておいた方が無難と言えるでしょう。一説では、妊娠中のお母さんの栄養吸収などに問題が起きたり、生まれてくる赤ちゃんの先天的な危険の奇形の原因になったりする可能性も指摘されています。以下に、避けることが望ましい食品添加物をご紹介しておきます。

・「○色○号」のように書かれた成分、カラメル色素、コチニール色素など→着色料 ・ステビア、アスパルテームなど→甘味料 ・パラヒドロキシ安息香酸イソブチル、パラオキシ安息香酸イソブチルなど→保存料 ・エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム、ジブチルヒドロキシトルエンなど→酸化防止剤 ・メタリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウムなど→粘着剤 ・麦芽糖、マルトースなど→賦形材 ・L-グルタミン酸ナトリウムなど→化学調味料 ・ショ糖脂肪酸エステルなど→乳化剤 ・防カビ剤など→OPPTBZ

3.妊娠前後の方は「他の成分が入っていない葉酸サプリ」を

「わざわざ葉酸サプリメントを買わなくても、マルチビタミンだけで済むのではないか」…そうお考えの方もいらっしゃることでしょう。しかし普通のマルチビタミン・サプリメントに配合されている葉酸の量は、妊娠前後の方を想定したものではありません。したがって、妊娠前後の女性がマルチビタミンだけを飲んでいると、葉酸不足になる恐れもあります。 このように、葉酸サプリメントを選ぶ際には、他の成分が入っていないもの(葉酸だけが含まれるサプリメント)を購入してください。

4.一定の品質管理基準を満たしていること

天然の良い原料を使っていても、管理体制が不十分だと品質のばらつきなどにもつながる恐れがあります。各メーカーがそれぞれに基準を設けていますので、ホームページ等で確認して納得できた製品を購入するようにしてください。

品質管理基準の1つの例としては「GMP」(Good Manufacturing Practice=適正製造規範)が挙げられます。日本健康食品企画協会の説明(*)によれば、GMPには「人為的な誤りを最小限にする」「健康食品に対する汚染を防止する」「品質を保証するための要件を定める」ことを、3つの目標に掲げています。近年、健康食品向けに厚生労働省がGMPガイドラインを発表していますので、こちらを採用しているサプリメント製品は安心して飲むことができると言えるでしょう。

(*「一般社団法人 日本健康食品企画協会」http://www.jihfs.jp/gmpn01.html)

まとめ

517227820

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠前の女性は、普段の食事以外に葉酸サプリメントをプラスして摂取することが、厚生労働省から推奨されています。これによって「神経管閉鎖障害」という赤ちゃんの障害のリスクを下げることが期待できるからです。

なお葉酸サプリメントを選ぶときには、天然由来のものがベストです。気になる製品があれば、購入前にそのメーカーのサイトをよく確認しておき、わからないことがあれば電話やメールで問い合わせを行うのも良いでしょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年3月1日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録