サスティナビリティをテーマにした約1,400㎡のWAREHOUSE型ショールームが横浜に誕生

更新日:2021年12月15日 / 公開日:2021年12月15日


YASUDA SHIPYARD GROUPのグループ企業であるアトランティックカーズは、横浜ベイサイドマリーナ至近で、約1,400㎡のWAREHOUSE型ショールーム「YOKOHAMA BAYSIDE WAREHOUSE」を12月15(水)にオープン。

サステナビリティをテーマに独自にセレクト


Yasuda Shipyard Groupが手掛ける新業態「YOKOHAMA BAYSIDE WAREHOUSE」は、サステナビリティをテーマにラグジュアリーなインドア&アウトドア家具や照明、インテリア小物を、新品からビンテージまで独自にセレクト。アートやグリーン、トレーラーハウス、マリンアクティビティ用品、イベントやパーティなど、コンテンツの展示や実践によりその魅力を伝えていく。

インテリアのセカンドハンドマーケットを確立したい


同社代表の野澤氏は、設立の想いを「インテリアのセカンドハンドマーケットを確立したいと考えています。価値あるインテリアは長く幸せに使われてほしい。買った時のワクワクを次の人に継承したい。そうすることで、そのインテリアがワクワクを伴い、長く使われる環境にいられる。持ち主様のライフスタイルや好みは、時の経過とともに変化します。その変化を楽しむために、持ち主様に必要なシステムは、良いものをセレクトする能力を持った私たちの役割と思います。このようなイメージで、今回の新業態設立を考えています。」とコメントしている。

ライフスタイルを彩るワクワクするものを

新たな業態スタートするにあたり、その上に“好きな家具” “価値ある家具”という言葉が入る。大きな倉庫で好きなものを新しいもの古いものに限らず、ライフスタイルを彩るワクワクするものをセレクトして、“私たちが考えるこんな場所あったら行きたい!”を実現していく。「人と家具」「人とブランド」「人と体験」「人と人」「ブランドとブランド」などが出会う場所、繋ぐ繋ぐ場所として、様々なイベントや企画を通して、素敵な場所に育てて行くことを目指している。

気になる人は、「YOKOHAMA BAYSIDE WAREHOUSE」をチェックしてみて。

■YOKOHAMA BAYSIDE WAREHOUSE
住所:神奈川県横浜市金沢区鳥浜町14−19
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休
URL:https://baysidewarehouse.online



この記事の著者

ログイン・無料会員登録