アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ブラザー社員が、古着をリメークしたクリスマスオーナメントでツリーを装飾!

/

目次


ブラザー工業の国内販売子会社であるブラザー販売では、同社製品を活用したSDGs貢献として、社員たちが「古着を使ったクリスマスオーナメントづくり」に取り組み、ブラザーミュージアムのクリスマスツリーに飾り付けた。

ブラザー製品を使った3Rアイデアを募集

「『つなぎ合う』そして『解決し合う』社会の実現」をSDGsのゴールとして掲げているブラザー販売。その活動の一環として、10月の「3R推進月間」に合わせ、ブラザー販売公式Twitterにて、ブラザー製品を使った3Rアイデアを募集するキャンペーンを実施した。3Rとは「リデュース(Reduce)」「リユース(Reuce)」「リサイクル(Recycle)」のことを指す。

古着をクリスマスオーナメントにリメーク

その際に寄せられた124件のアイデアの中から、誰でも参加しやすく、SDGsのキーワード「誰一人取り残さない(leave no one behind)」を実現できるアイデアとして「ブラザー製品を活用して、古着でクリスマスオーナメントを作る」をチョイス。

ブラザー工業社長の佐々木氏やブラザー販売社長の三島氏、また同社社員が、ブラザーのミシンやカッティングマシンを使い、古着をクリスマスオーナメントにリメーク。

さらに、取り組みに賛同した名古屋市瑞穂区に住む高齢者にもオーナメントを作成してもらい、社員作成のオーナメントと合わせてクリスマスツリーに飾り付けた。

クリスマスツリーは、12月25日(土)までブラザーミュージアムにて展示中。ブラザーでは、今後もSDGsの達成に向けた取り組みを続けていくという。

スペシャルムービーも公開中

また、ブラザー社員によるオーナメント作成の様子を撮影したスペシャルムービー「古着でクリスマスオーナメント篇」も公開中。詳細は、SDGsキャンペーン 特設ページにて確認を。

SDGsキャンペーン 特設ページ:https://www.brother.co.jp/corporate/bsl/csr/campaign-01-report/index.aspx



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録