五感で楽しむ体験型ツアーで地域おこし!茨城・マイクロツーリズム「rall.hourの旅」

更新日:2021年12月19日 / 公開日:2021年12月19日


茨城県内4番目となる地域限定旅行業のrall.hour(ラール・アワー)が、産業振興につながる優れたデザインを選出する「いばらきデザインセレクション」にて、ソーシャルデザイン部門奨励賞を受賞した。

茨城南西部エリア限定のマイクロツーリズム

ラール・アワーが提案するのは、少人数で地域の中をゆったりとめぐる体験型ツアー。地域と来訪者の循環を生む新しい旅のスタイルが、社会や街づくりに貢献するデザインとして「いばらきデザインセレクション」にて評価された。


日本最大の関東平野が広がる茨城県南西部は、東京から1〜2時間圏内の距離にありながら、国内第2位の大きさである湖「霞ヶ浦」や日本百名山の双峰「筑波山」など、自然あふれるエリア。日本最長級のサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」がナショナルサイクルルートに認定されるなど、サイクリングの聖地としても注目を集めている。


ラール・アワーでは、このエリアにしかない個性的な植物や美しい風景、ここでしか味わえない食材に出会えるコンテンツを、期間限定・少人数限定でパッケージ化し、地元の専門ガイドが案内するツアーを企画運営している。

コロナ禍でも安心の少人数性

「旅」の価値観が細分化していくとともに、物見遊山的なスポットめぐりからよりディープな体験・体感へ地域側・受入側のニーズも変化してきた。一過性の来訪者から、関係人口としての来訪者へ。同社では、その双方を叶える商品づくりのため、ローカルコンテンツに特化した地域限定旅行業に取り組んでいる。

また、コロナ下においても充実した旅を楽しむために、少人数で感染対策をしっかりと行って、安全を確保しながら新たな出会いを大切にしたツアーを提案。参加者からも、安心できると高評価を受けている。

地域への共感や愛着を喚起

ツアーで訪れるのは、地域の人の営みを感じられる“暮らしのそば”にある生産現場や自然、街の中。


移動手段は、自転車、歩き、船、小型車両などに限定し、訪れる時間をゆっくりと演出。


ガイドの案内付きの筑波山での沢あそび、


しめ縄作り体験や、


農園を訪ね参加者自身が収穫した野菜を調理しランチタイムに味わうという体験も。ゆっくり訪ねるから、地域の人とのふれあいや出逢いも自然と生まれ、一過性ではない「地域への共感や愛着」を喚起する。

2022年はツアーテーマごとにシリーズ化


2022年は、自転車、セルフヒーリング、登山、写真などをテーマにツアーを用意。Spring & Summerには小貝川と桜めぐり、鬼怒川春の味覚探訪、常総サイクルトレイン、Autumn & Winterには霞ヶ浦&筑波山Lake to Summit、秋を味わう八郷エリアなどが予定されている。ツアー情報はSNSにて順次発表されるのでチェックしてみて。

rall.hourホームページ: https://rallhour.com/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録