アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

檜原村で初のアートプロジェクトがはじまる!村内回遊型現代アート展覧会開催中

目次


ブルーオーシャンは、檜原村初のアートプロジェクトであり現代アートの展覧会「ひのはらアートプロジェクトβ(ベータ) 芸術と自然と東京」を、12月18日(土)~29日(水)までの12日間、地域をまわる展覧会として開催中だ。

「やまのよさ」と掛け合わせた展示

同プロジェクトは、首都の水源であり、多くの木材を産出し、山遊びの地として豊かな風土から、近年クリエイティブな移住者や関係人口が増えつつある檜原村の魅力を、質の高いアートの展示や制作を「やまのよさ」と掛け合わせた展示で、より多くの人々と共有することにより、持続可能な魅力的な山郷づくりの契機としていく。

はじめてとなる今回、村在住の現代作家、村の材木と先端技術をかけあわせたデザインプロダクトつくりだすコレクティブをはじめ、首都圏と八重山といった、さまざまな「芸術と自然と東京」を掛け合わせるフィールドで数多くの栄誉を獲得する実力派の若手5組による展示となっている。

「ひのはらアートプロジェクトβ」

「人新生」ということばに現れるようなのっぴきならない人類のやり尽くすかのような進歩に対して、手触りや独自の創造性が尊ばれる現在。さまざまな人々が、都会の殺伐とした煌めきよりも、山や島や野の包み込む豊かさに可能性を求め、そこから新たなアートやクリエイティブが生れるようになっている。そんな各地で才能が紡ぐ新たな「豊かさ」をTOKYOの村である檜原でつなぎ、より豊かな郷の可能性を耕しあう最初の一歩、それが「ひのはらアートプロジェクトβ」だ。檜原、八重山、どこでもない郷、そんなさまざまな郷から獲れた「アート」を、里山の中でふれることを通じて、その可能性を多くの方々と共有することができればと考えている。

5作家による展示


同プロジェクトでは、山郷に佇む築90年の古民家(「ひざと古民家」会場)と廃工場(「旧ガラス工場」仮設会場)を会場に活用、風土と溶け合った展示を展開している。


菅谷杏樹(すがや・あき)さん(「ひざと古民家」会場)の作品名は「霧を縫う-Sew the haze」、


副島しのぶ(そえじま・しのぶ) さん(「ひざと古民家」会場)の作品目は「鬼とやなり」、


小城開人(こじょう・かいと)さん (「ひざと古民家」会場)の作品名は「サステナブルアンサステナブルコミックス」、


池城安武(いけしろ・やすたけ)さん(「ひざと古民家」会場+旧ガラス工場」仮設会場)の作品名は「ヒージャーを檜原村に連れてきた」、


Ao.(アオ)さん(「旧ガラス工場」仮設会場)の作品名は「Ao. TBT-1」と、


「TOKYO KIKORI BROTHERS」となっている。

開催時間は11:00〜17:00。入場料は500円(中学生以下無料)。

各アーティストについての詳細やアクセスについてなどは、ひのはらアートプロジェクト公式サイトにてチェックしてみて。

ひのはらアートプロジェクト公式サイト: http://hinohara.pro/

■「ひざと古民家」会場
住所:東京都檜原村樋里4258番地

■「旧ガラス工場」仮設会場
住所:東京都檜原村小沢4034番地


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録