アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

神戸ポートタワーでプロジェクションマッピング開始!リニューアル期のみの演出が登場

/

目次


神戸のランドマークである神戸ポートタワー。そのリニューアルにあたり、「神戸ウォーターフロントエリアアートプロジェクト」が始動!神戸ウォーターフロントエリア全体の魅力を発信するため、1月から2023年春にかけ、神戸の街とアートを掛け合わせた様々なイベントが行われる予定となっている。

このプロジェクトの幕開けとして、1月14日(金)からは、神戸ポートタワーをアートのキャンバスに見立てたプロジェクションマッピングが開催される。

最大80mのプロジェクションマッピングは迫力満点!


第一弾のプロジェクションマッピングでは、「One and only」と題して、神戸のアート性・多様性を表現。市民の花であるアジサイ、フィッシュ・ダンスの鯉、港や街並みなど神戸ならではのシーンや、縦長の投影面を活かした高さ70mの巨大なマネキンが出現するなど、世界観が次々と変わるコンテンツとなっている。


映像制作はシムディレクト・タケナカが担当し、国内外で活躍する作家BAKIBAKIの伝統とストリートカルチャーの融合を体現した「BAKI柄」を加えたグラフィックシーンも登場予定だ。

プロジェクションマッピング以外にも、昼間はポートタワーの形状を活かしたグラフィック、夜間はライティングを実施。リニューアル期のみに登場する様々な演出が楽しめる。

なお、2022年1月14日(金)からの段階では投影面は高さ40m程度、2022年2月頃に高さ80m程度の投影範囲となる。

今後は海外アーティストによるイベントなども!

2022年1月~2023年春にかけて行われる「神戸ウォーターフロント アートプロジェクト」では、神戸ポートタワーのプロジェクションマッピングだけでなく、今後、海外アーティストを起用した大規模アートイベントや、神戸在住の人を巻き込んだ参加型アートイベントなどの様々な取り組みが行われる予定。そちらもあわせてチェックしていこう!

■プロジェクションマッピング実施概要
実施期間:1月14日(金)~2023年春(第1弾コンテンツ「One and only」は2022年春まで)
投影時間:19:00~22:00、毎時0分・30分の計7回、1回あたり約6分間
※足場ライトアップ時間は日没~23:30



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録