アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【九星フラワー占い】五黄土星の6月の運気は「おしゃれが効く!」

目次

一年でもっとも昼間の時間が長い6月。「光の時間」と言ってもいいかもしれません。一方で梅雨の時期でもあります。雨が降り出せば、暗く重い雲に包まれて……。不安定な季節を、調子を崩さずに過ごすコツ、楽しみを見つけるコツを星ごとにお話しします。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

自分を棚にあげてきた人も、今月はそうはいかない

今月の五黄土星の開運キーワードは「おしゃれが効く!」です。

中身で勝負と思っていたり、人にこびたおしゃれに抵抗感があり、独特なファッションセンスで流行の2・3歩前を行っていたりする五黄土星は多いように感じます。そのくせ人のルックスに関しては厳しくチェックしていたりして(笑)。

「ミリタリーが好き」「ジーンズ・ラブ!」というポリシーもいいのですが、今月に関しては女性らしいおしゃれが幸運を呼び込みます。なぜか人前に立たされて話をしたり、あなたが行っていることに関して注目があつまり、説明を求められたりと、人の視線にさらされることがありそう。だからいい印象を与えるファッションが効果的なのです。

 

大人の成熟度が試される時期。受けてたって!

また、ここで「自分はこれだけ知っている」と知識をひけらかしたり、いいチャンスだと思って意見を強く主張すると、敵を作ってしまう恐れがあります。勝手に注目しておいて、主張は抑えろなんて、矛盾した注文ですね。その矛盾も受け入れる知性と大人としての成熟度を試されていると思ってください。

そして、ファッションがものをいいます。大人の女性らしいウエストがしまったメリハリのあるスタイル、左右の耳でゆれるイヤリングやピアス。こういったものは、男女問わず視線を送りたくなります。集中力を奪うわけですし、見た目の好感度をあげておけば、大きな態度や多少の失言には気が付かれなかったりするものです。

ここでいい印象をうえつけておけば、来月のちょっとした低迷期もスルッとすごすことができるはずです。

【続いて6月の詳細運!】

6月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、恋人がいる人はできるだけソフトに話すようにしてください。今月はお互いに感情的になりやすいので、つまらないことでケンカになり、別れ話にまで発展してしまう心配があります。出会いを求めている人は、一目ぼれから一気にヒートアップということもありそう。一気に熱くなる恋は一気に冷めるということもあるので、終わった後に怒りや恨みを残さないよう、よく見極めてから付き合いましょう。

金運は、気が大きくなっている時期で、ついつい浪費をしてしまいがち。ここでも大切なのは、冷静になること。欲しいものがあっても、一晩寝てから買うか買わないか決めましょう。

6月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、軽やかなパープルとグリーン。アイシャドウに取り入れると、涼やかなのに女っぽく、人への印象をよくします。

ラッキーパーソンは、年上のイイ女系の姐さんには、恋愛の相談をすると的確なアドバイスが返ってきそうです。

ラッキーフードは、エビが入った麺類がおすすめ。パスタでもいいですし、タイ料理やベトナムの海鮮フォーでもOK。女性的魅力がアップします。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスギトモコ)


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録