ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

北欧リサ・ラーソンのJAPAN節句シリーズ 「おひなさまとおひなくん」「タンゴのペレくん」予約スタート!

リサ・ラーソンのJAPAN SERIESの中でも特に人気の「こけしのペレ」と「こけしのスティナ」が、ひな人形「おひなさまとおひなくん」になり発売されます。オリジナル作品の朗らかな印象はそのままに、お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)になったペレとスティナ。桃の節句に合わせて、ひとつ成長した姿を見せてくれます。

日本におけるリサ・ラーソンの著作権を管理し、TONKACHI STORE 等で、作品等を販売しているトンカチは、リサ・ラーソンのJAPAN SERIESの中でも特に人気の「こけしのペレ」と「こけしのスティナ」を、ひな人形「おひなさまとおひなくん」として販売します。

Sub2

ペレの元となったのは、1964年〜1980年に作られたリサのオリジナル作品「ラーソン家の子どもたちシリーズ」のペレ(ペッレ)。そして、スティナの元となったのは、同じくリサのオリジナル作品「ねこを抱くスティーナ」。スティナは1957年に試作としてリサのアトリエで作られ、翌年には早くも製品化が実現した作品でした。

Sub6

Sub7

オリジナル作品の朗らかな印象はそのままに、お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)になったペレとスティナ。桃の節句に合わせて、ひとつ成長した姿を見せてくれています。

今回の作品も、これまでにリサのこけしをいくつも手掛けてきた群馬県の創作こけし工房と一緒に作られています。リサの原型を元に、こけし職人さん自身がデザイナーとなって作品をこけし向けに作り直す、というところから始まるなんとも奥深いこけし作り。手作りならではの木のぬくもりと細かな装飾の煌びやかさを同時に楽しめる、お祝いにぴったりのとっておきの完成です。

Sub5

Sub3

Sub4

また、リサ・ラーソンのJAPAN SERIESの中でも特に人気の「こけしのペレ」が、五月人形「タンゴのペレくん」も販売されます。

Main

シリーズの中でもとりわけ朗らかな雰囲気をしたペレの印象はそのままに、端午の節句に合わせてひとつ成長した姿を見せてくれた凛々しい若武者のペレ。「虎」飾りも、もちろんリサの原型を元に作られたこけしです。

立派な兜飾りを被り、少し得意げな表情のペレ。いつも手に抱えている猫を軍配(ぐんばい)に持ち替えて、なんだかとっても誇らしげですね。

男の子の健やかな成長を願う「虎」もこけしで作られており、扇子、陣傘、太鼓などの小物は京都で作られたちりめん細工です。セットになっている金屏風や菖蒲も一緒に飾って、リサ・ラーソンのこけしと一緒にこどもたちの健康と成長を願ってみては。

Sub8

Sub9

リサ・ラーソン氏は、1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)に見出され、スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍し、1979年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けていて、日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られています。

Sub11

Sub10

TONKACHISTORE のURLhttps://shop.tonkachi.co.jp/

(マイナビ子育て編集部)


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録