韓国で話題!生理がラクになるトリセツ本『生理中です』が発売

更新日:2022年1月16日 / 公開日:2022年1月16日


世界文化社から、韓国発の生理トリセツ本『生理中です』が、1月8日(土)より発売中だ。

生理あるあるエピソードと共に疑問を解説


“女性なら誰もが生理を経験しているのに、誰にも話さないのよね”。『生理中です』1,650円(税込)の著者パク・ボラムさん、ミン・ウネさんは、自分たちのつらい生理体験を誰かと共有したくてInstagramにイラストと共にアップしたところ、韓国で大反響を呼んだ。生理をきっかけに女性同士の絆が生まれるほど、生理は世界中の女性にとって共通の悩みだ。


同書では、医学的な話から、生理にまつわる悩み・生理あるあるなど、なかなか共有できない最新情報までを掲載。疑問や不安をイラストでわかりやすく解説している。


日本版監修は、産婦人科専門医の高尾美穂氏が務める。

正しい知識を賢く取り入れる


「生理ってどうしてなるの?」「この生理痛って普通?」「PMS月経前症候群とは?」「生理不順」「生理中の入浴について」「生理ってうつるの?」といったことは、人前であまり話さない話題のため、一人で抱えてしまったり、身近な友人の言葉を信じてしまったりということも少なくない。


同書では、誤解している生理についての正しい知識を、産婦人科医監修の下、わかりやすく可愛いイラストと共に読み進めることができる。

長く生理と付き合っていくからこそ、これからは、正しい情報、ブラッシュアップされた新しい情報を自分の目で賢く取り入れていくことが大切。同書は、常に“自分”という目を持って生理と向き合うことが、生理に振り回されない上手な対処方法であることを教えてくれる一冊となっている。

これからの時代の生理トリセツ本『生理中です』を、この機会に手に取ってみては。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録