アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

京都ノートルダム女子大学学生考案!京小麦「せときらら」使用のパスタとケーキが誕生

/

目次


京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 生活環境学科では、加藤佐千子教授の「食と健康」ゼミ・藤原智子教授の「食生活デザイン」ゼミ・青木加奈子准教授の「家族関係」ゼミが協力し、それぞれのゼミの専門性と強みを活かし、地元産業と連携して商品開発に取り組んでいる。

そんな3つのゼミとザックエンタープライズが運営する「セカンドハウス」との協働で開発した商品が、京小麦「せときらら」普及のため、『京小麦の収穫祭2022』イベントにて販売される。

地元食材の普及&地元地域経済活性化へ貢献


現代人間学部 生活環境学科の3つのゼミが地域連携の一環として、地元食材の普及や地元地域経済活性化への貢献のため、セカンドハウスと産学協働商品開発を実施した。


「食と健康」ゼミおよび「食生活デザイン」ゼミはメニュー開発、「家族関係」ゼミは若い世代・ファミリー層をターゲットに商品のPRを担当した。

京小麦「せときらら」使用のパスタとケーキ

同学学生の考案したメニューは、京小麦「せときらら」や地元の食材を使用したパスタとケーキだ。


パスタは「京地鶏と京野菜の彩りクリームソース 京小麦のタリアテッレ」、ケーキは「京小麦のコーヒーオペラ」。京小麦「せときらら」の特性を活かした仕上がりとなっている。

同メニューは、何度も話し合いや試作を重ね、“官能検査”という人間の感覚を用いた食品・香料等の製品品質を判定する検査を繰り返し、仕上げられた。

共同開発したメニューは、井澤製粉によるイベント『京小麦の収穫祭2022』にて楽しむことができる。

販売スケジュールについて

「パスタ」は、1月24日(月)~30日(日)の期間、セカンドハウスイオンモール京都五条店/北山店/出町店/東洞院店にて販売され、1月31日(月)~2月6日(日)の期間は、セカンドハウス草津店にて販売。

「ケーキ」は、2月14日(月)~20日(日)の期間、セカンドハウス銀閣寺店/東洞院店にて販売される。

『京小麦の収穫祭2022』の詳細は、公式ツイッターや公式インスタグラムにて確認を。

公式ツイッター:https://twitter.com/kyo_komugi/status/1454723019310460928
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/kyo_komugi/?hl=ja

※イベントの開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録