アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか?気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。

この記事の監修ドクター 藤東クリニック藤東淳也先生 女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、 女性のライフサイクルを応援します。 https://fujito.clinic

着床後のオリモノってどんな状態?

471321969

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

普段のおりものと、着床後のおりものの違いを把握しておけば、妊娠したことに早く気づけそうですね。どのような変化があるのでしょうか?

通常のおりものってどんな状態?

正常なおりものは、色は無色透明か乳白色かクリーム色。下着について乾燥すると、黄色くなります。ニオイは生臭く、やや酸っぱい感じです。そして生理周期により、量が増えたり粘度が増したり、色が付くなどの変化があります。

生理周期で見るおりものの具体的な変化

おりものの量は、卵胞ホルモンの分泌にほぼ比例します。生理の時は、卵胞ホルモンが最も少ないため、おりものの量も最も少なくなります。色は残った経血がおりものに混じり、茶色い状態です。

次の【卵胞期】には、卵胞ホルモンが多く分泌される頃。おりものの量もだんだんと増えていき、最も量が多くなるのは排卵期です。透明でとろみのある水のような状態のおりものになります。この時期のおりものは、受精を手助けする働きもあります。

排卵が終わると【黄体期】に入ります。黄体ホルモンの分泌が多くなる頃で、おりものの量はピークを過ぎ、次第に量は減少します。この時期には水のような状態のおりものが、白く濁り、ドロッと粘りのある状態になります。

生理前は急激に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が減り始めます。おりものはドロッとした白濁のある状態。また再び量が増え、ニオイも強くなり始めます。

着床したらおりものはどう変わる?

受精卵が着床しなかった場合、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が減っていきます。同時におりものの量も減り、やがて生理が始まります。

しかし着床して妊娠が成立した場合は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンが分泌され続けるため、中には着床後におりものが増える人もいるようです。さらに粘り気がなく、サラサラした状態におりものが変化する人もいます。ただしこれは個人差があり、すべての人にあてはまるわけではありません。

そのほか着床後の変化として、おりものが白く濁る、黄色っぽくなる、クリーム色になるといったケースもあるようです。また受精卵が子宮に着床した際に出血する「着床出血」により、オリモノに血液が混じることも。着床出血の量は個人差があるので一概には言えませんが、微量の血が混じり、茶色く色がついたおりものであることが多いようです。

着床出血による出血が続く期間も人によってバラバラです。血液が混じった茶色いおりものは、着床出血だけでなく、異所性妊娠(子宮外妊娠)にもあてはまります。茶色いおりものが長く続く場合や、下腹部痛がある場合は、早めに産婦人科を受診しましょう。

おりもの以外でわかる妊娠の兆候は?

503313540

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠すると、おりもの以外にも体にはさまざまな兆候が現れます。微熱やだるさを感じる人の中には、風邪と勘違いしてしまう人もいるようです。どのような兆候があるのか、まとめてみました。

現れやすい妊娠の兆候(妊娠超初期症状)

受精卵が着床すると、妊娠組織の絨毛からhCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)が分泌され始めます。着床したばかりの妊娠のごく初期には、自覚症状がないことがほとんど。しかし、ホルモンに敏感な人の中には「眠くなる」「イライラする」などの症状を感じる人もいます。

妊娠が成立すると、妊娠を継続させる働きがある黄体ホルモンの分泌量も増えます。その影響で、生理予定後の1〜2週間後ごろから、「ムカムカする」「気持ち悪い」といったつわりの症状を感じ始める人も。高温期が続き、体温も高くなっているため、風邪に似た熱っぽさや体のほてり、だるさを感じる人もいるようです。また一定期間おきに生理痛のような痛みがあったり、下腹部の膨満感、胸の張りがある人もいます。

妊娠の兆候は、身体のほか、精神的な面にも現れます。情緒が不安定になり、ささいなことでイライラしたり、突然泣きたくなったり、落ち込みやすくなったりする人も。ただし、これらの症状は個人差があり、複数の症状が該当する人もいれば、まったく無症状の人もいます。症状の重さも、横になっていないとつらい人から、我慢できるレベルの人までいろいろです。

生理前の兆候と見分けるポイントは?

これまで、妊娠の兆候として現れることがある身体の変化は、PMS(月経前症候群)との症状とも似ています。PMSの代表的な症状は、「イライラする」「情緒が不安定になる」「胸が張って痛くなる」「疲れやだるさ」「眠気」など。どのような点が、妊娠とPMSを見分けるポイントになるでしょうか?

妊娠初期症状と生理前症状を見分けるポイントは、いつもよりそれらの症状が重いことや、3週間以上と長期間続いていることなどがあげられます。また、「基礎体温の高温期の持続期間」もポイント。排卵があると、黄体ホルモンの働きで基礎体温は高くなります。妊娠が成立した場合は高温が続きますが、妊娠が成立しなければ約2週間で基礎体温が下がり始めます。高温期が2週間以上続き、生理が始まらない場合は、妊娠している可能性が高くなります。

日々、基礎体温を付けていると、妊娠の可能性がわかるだけでなく、排卵があるかどうかや黄体の機能に異常がないか見分けることもできます。わずかな時間で計測できる婦人用体温計も販売されているので、自分の身体のことを知るためにも、基礎体温を測るのもおすすめです。

妊娠すると体が変化するのはなぜ?

妊娠すると、身体の中でさまざまな変化が起こるのは、ホルモンバランスが大きく変化しているから。妊娠すると、卵巣中の黄体を刺激して黄体ホルモンの分泌を増やす「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」をはじめ、卵胞ホルモン、黄体ホルモンなどのホルモンの分泌が急速に増加し、ホルモンバランスが変化します。そのホルモンの変化の影響で、身体に「妊娠初期症状」が起きるのです。

妊娠初期の症状を感じ始めるのは、妊娠4週(2カ月目)以降が多いようです。「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」の分泌量が増え、妊娠検査薬で妊娠が確認できるようになるのは、妊娠5週ころ。ちょうど、生理予定日から1週間遅れた時期にあたります。妊娠8週〜11週になると、つわりなどの妊娠初期症状がはっきりと出てくるようになります。

妊娠初期症状は人によって差があり、多くの人がつわりを感じ始める時期になっても、全く無症状の人もいます。反対に着床後すぐに体調の変化を感じる人も。いずれにしろ、妊娠初期は大切な時期なので、これまで順調であった生理に遅れがあった場合は、すぐに産婦人科を受診しましょう。

知っておこう!おりものの役割と病気・疾患がある場合の状態

186083784

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ホルモンバランスによって変化する女性のおりもの。そのためホルモン分泌が正常に行われているかどうか見分けるポイントにもなります。また、さまざまな婦人科疾患を発見する手がかりにもなるので、毎日しっかりチェックしておきたいものです。

おりものの役割

おりものは、子宮頸管・腟・汗腺からの分泌物が混じりあったもの。粘りのある液体で、腟のうるおいを保ち、細菌などから身体を守る働きがあります。また排卵期には受精の助けるために分泌量が増加。女性の体を守るためと、受精を助けるためという大切な役割を担っているのです。

こんなおりものは要注意!状態で見る病気・疾患の可能性

おりものの状態は、とても個人差が大きいものです。そのため「量が増えているけど大丈夫なの?」「このニオイは正常?」と悩む人も少なくないはず。

正常なおりものかどうか知るカギとなるのは排卵時です。おりものの量が増え、他の時期と状態が区別しやすくなるためです。注意するポイントは、おりものの色やニオイ、量。下腹部に痛みはないか、外陰部にかゆみや刺激はないかも重要です。

異常があるオリモノは下記のようなものです。

・おりものが豆腐かすのような感じ、カッテージチーズのようなもの おりものの量が多く、外陰部に非常に強いかゆみがある場合、「カンジダ腟炎」の疑いがあります。カンジダ腟炎の中には、正常なおりもののような、白いクリーム状である場合も。正常なものだと勘違いしてしまう場合があるので注意が必要です。

・灰色がかった色で水っぽいオリモノ 魚の腐ったようなニオイで、強い外陰部のかゆみがある場合は、「細菌性腟症」が疑われます。

・泡状で黄緑・異常な黄色のオリモノ 強い悪臭があり、外陰部がかゆいオリモノのときは、「トリコモナス腟炎」の可能性があります。

・黄緑がかった色で、膿のように見えるオリモノ 悪臭があり、下腹部痛や発熱を伴う場合は、「淋菌感染症」である可能性も。

・無症状〜水っぽいものが増える 下腹部痛や発熱があり、水っぽいものがふえる場合は、「クラミジア感染症」の疑いがあります。

・血が混じった赤褐色、茶褐色、ピンク色 おりものに色が付くほか、性交時に出血する場合や悪臭があることもあります。こういった症状の場合、萎縮性腟炎や子宮頸管ポリープ、子宮頸ガンの疑いがあります。

・茶褐色、赤い色、膿状のオリモノ 悪臭がして、不正出血や下腹部痛がある場合、子宮体がんの可能性があります。

そのほかにも、過労やストレスなどで体の免疫力が低下すると、腟の自浄作用が低下して細菌が増え、腟に炎症が起こることがります。おりものの色や匂いに注意し、いつもの状態と違うと感じたら、産婦人科を受診するようにしましょう。

まとめ

おりものは女性の身体の変化やホルモン分泌を知るバロメーター。ささいな変化を見逃さないように、普段から自分のおりものの状態をしっかりと観察しておきましょう。また、おりものが増えるタイミング、ホルモンによるおりものの変化などをしっかりと把握しておけば、より万全。妊娠だけでなく、婦人科疾患を早めに発見できるきっかけにもなります。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年3月8日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録