指先で輝く“ラメの道”のネイルが可愛い♡おすすめデザイン10選

更新日:2022年3月4日 / 公開日:2022年3月4日

指先をキラキラ輝かせてくれるラメは、ネイルデザインで物足りないときにも活躍してくれる万能アイテムですよね。爪全体に入れるのも可愛いですが、最近は爪の先端や根元に少し入れてニュアンス感を楽しむのも人気です。さらに、爪の上で1本の道を作ったようなデザインも人気で、個性的で可愛いと注目されています。そこで今回は、指先で輝くラメの道が可愛いネイルデザインをご紹介♡チャレンジしやすいデザインが多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シンプルでキレイめなラメの道ネイル

1. ヌーディーカラーをベースにする

ヌーディーカラーとシルバーラメのネイル

via itnail.jp

ラメの道は、爪の中央に大胆にのせるのが可愛いです。ラメが引き立つように、シンプルなヌーディーカラーをベースにしてあげるのがおすすめ♡ベージュのグラデーションでこなれ感を出すのもGOOD!

2. ネイビーネイルでクールに引き締める

ネイビーとグレージュのキレイめネイル

via itnail.jp

グレージュとネイビーのシンプルな2色ネイルも、キレイめでおしゃれですね。シルバーやゴールドのラメで道を作り、キラキラを引き立てるのがおすすめです。オフィスネイルにも取り入れやすく、大人ネイルにもぴったりです。

3. グレーネイルで洗練された手元へ

シルバーラメをのせたグレーネイル

via itnail.jp

相性のいいグレーとシルバーラメで、洗練された大人ネイルにするのも素敵♡シンプルな縦ラインもおすすめですが、斜めの道を作ったりして遊び心をプラスするのもおすすめです。

上品な大理石模様とラメの道のネイルデザイン

4. ベージュの大理石模様で落ち着いた大人ネイルへ

ベージュでまとめた大理石ネイル

via itnail.jp

大理石ネイルと、ラメの道を組み合わせたデザインも人気があります。肌馴染みのいいベージュをメインにしているので、大人っぽくて落ち着いて見えますね♪オンオフ問わない万能なおしゃれネイルの完成です。

5. シェルを使って涼しげなラメの道を作る

シェルとラメを入れた乳白色の大理石ネイル

via itnail.jp

ラメだけでもおしゃれですが、物足りないときはシェルをプラスするのもおすすめです。より存在感が出るだけでなく、爽やかな仕上がりになります。乳白色の大理石ネイルと合わせるのが人気です。

サイドにラメの道を作った個性派なネイルデザイン

6. ラメたっぷりのキラキラネイルで気分アップ

乳白色にラメやミラーを添えたネイル

via itnail.jp

ラメの道は、爪の真ん中に入れるのが定番ですが、サイドに寄せて入れるのもおしゃれなのでおすすめです。ゴールド系でまとめると、エレガントに仕上がって気分も上がること間違いなし♡

7. 差し色でおしゃれ上級者ネイルへ

グレージュとイエローとラメのネイル

via itnail.jp

ちゅるんとしたグレージュネイルのサイドに、ラメの道を入れたデザインは、スタイリッシュでとてもおしゃれ♡同じ色でまとめるのも素敵ですが、差し色を入れてあげるとさらにこなれ感アップ♡くすみのあるイエローなら大人っぽく見えます。

8. クリアネイルにラメの道をオン

細いラメや太いラメのラインネイル

via itnail.jp

クリアネイルの両サイドにラメの道を入れたデザインは、パッと目を惹く個性的なネイルですね。爪全体に入れるよりも、抜け感があって新鮮です。他の爪には細めのラメの道を入れて、全体的に縦ラインを意識するとクールです♪

天の川のよう♡ラメの道に星をのせたネイルデザイン

9. 透けカラーにラメの道と星をオン

クリアカラーとラメと星のナチュラルネイル

via itnail.jp

ラメで作った道だけでなく、星パーツをプラスしてあげると、天の川のようなロマンティックなネイルになります♪透け感のあるスキンカラーをベースにして、ラメを主役にしましょう!シルバー系のラメを選べば、控えめなキレイめネイルに仕上がります。

10. ニュアンスデザインをプラスする

ラメと星のニュアンスネイル

via itnail.jp

ラメの道に星をのせたデザインだけでなく、ニュアンスデザインをプラスしておしゃれ度を上げるのもおすすめ♡シルバーのミラーアートで立体感を出したり、タイダイ柄を入れたりするだけで、指先が映えますよ!

ラメで作った道のアートが可愛いネイルデザインをご紹介しました。
いろいろな入れ方があるラメですが、指先に一本どんっと入れたデザインは、存在感や個性があって新鮮です。
ぜひ気になったデザインにチャレンジしてみてくださいね♪


Itnail編集部


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録