2つのコンテンツが共存する都市型アドベンチャーパークが福岡県にオープン!

更新日:2022年3月5日 / 公開日:2022年3月5日


海潮通商は、都市型アドベンチャーパーク「アドベンチャーバレーFUKUOKA」を、3月19日(土)、福岡ICから車で約10分とアクセス良好な場所にオープンする。

「フォレストアドベンチャー・久山」と「トレイルアドベンチャー・久山」 の2つのコンテンツが共存する複合型のアウトドアパークで、両コンテンツとも3月1日(火)よりWEBまたは電話にて予約を受け付けている。

フォレストアドベンチャーについて

1997年に企業研修用の施設として生まれた「フォレストアドベンチャー」は、その楽しさから一般開放され、現在ではヨーロッパをはじめ世界に250カ所以上の施設がある。徹底した安全管理、自然環境と共生できる施設作りやレジャーとしての楽しさに定評があり、日本では2006年に山梨県富士山麓でのオープンを皮切りに、2022年2月現在全国36カ所に展開している。


自然の立木の地上2~15mの位置に設置されたプラットフォームと呼ばれる足場に登り、そこから別の木に空中散歩を楽しみながら移動していき、地上へはジップスライドで一気に滑り降りるという新次元のアドベンチャースポーツが体験でき、スリルと爽快感、そして達成感も味わえる。

フォレストアドベンチャー・久山


「フォレストアドベンチャー・久山」は、「フォレストアドベンチャー」初のトレックコースを導入。

小学1年生以上かつ身長110cm以上から参加でき、制限時間内で好きなコースを好きなだけできる点が最大の魅力だ。難易度別の10個のコースから選べるので、子どもから大人まで楽しむことができる。

利用料金は60分3,000円、90分4,000円(どちらも税込)。

トレイルアドベンチャー・久山


「トレイルアドベンチャー」は、森の中に配した“多目的フロートレイル”で、「森林を活用し新たな価値を生み出す」という考えを基にしたアウトドアアクティビティ。フロートレイルとは、滑らかな土の路面が3次元にうねるように続くコースのこと。ほぼすべてのコーナーは半ボウル状のバームになっていて、ボールが転がっていくように、上下左右にうねりながら走っていく造りに。その3次元感を初級者でも安全に楽しめるようになっている。


コースは、マウンテンバイク(MTB)のほか、電動アシスト機能付きマウンテンバイク(e-MTB)やランニングバイク、トレイルランニングなど様々な形で利用可能。数々のトレイルの設計に携わってきたスイスのアレグラ社を中心に自社での設計とコース整備を行い、初心者/初級者から中級者までをターゲットとし、子どもから大人まで気軽に楽しめるコースとなっている。

また、マウンテンバイクやヘルメットなどのレンタルがあるので、手ぶらで来場して遊ぶことができる。

トレイル利用料は、ランニングバイクが1,500円、MTBまたはe-MTBが2,500円。

新たに誕生する「アドベンチャーバレーFUKUOKA」を訪れ、自然の中で思いっきり体を動かしてみては。

■アドベンチャーバレーFUKUOKA
住所:福岡県糟屋郡久山町大字山田字塚﨑1226-1
フォレストアドベンチャー:https://fa-hisayama.foret-aventure.jp/
トレイルアドベンチャー :https://trailadventure.jp/access/hisayama



この記事の著者

ログイン・無料会員登録