ニュースタイルの夜間参拝が桜色にバージョンアップ!愛知県・豊川稲荷の春の特別期間

更新日:2022年3月7日 / 公開日:2022年3月7日


2021年7月以降、愛知県豊川市にある豊川稲荷(妙厳寺)開創の日であり、ご縁日と呼ばれる「22日」に毎月開催されてきた「日本三大稲荷・豊川稲荷×ネイキッド YORU MO-DE(ヨルモウデ)」。コロナ禍でも楽しめる参拝体験として、昨年で来場実績延べ3.5万人以上を記録している。

同イベントが3月22日(火)~4月3日(日)の13日間、春の特別期間として開催されることが決定した。

3月22日から13日間が春の特別期間に


春の特別期間では、クリエイティブカンパニー・ネイキッドによる感染症予防対策アートが春の装いに一新。手指消毒をアート化した「NAKEDつくばい」は、桜の花が咲く演出に。


他グループとソーシャルディスタンスが自然と保てる「NAKEDディスタンス提灯」には、桜バージョンが数量限定で登場する。

寺宝館プロジェクションマッピングも新登場


訪れた人たちと豊川稲荷とのご縁が光で感じられる参加型アート「参道ライトアップ-光の響縁-」も、反応しあう「提灯の光」と「境内のライトアップ」が春のカラーリングにバージョンアップ。


さらに、SNSでも好評の「NAKED花みくじ」は、春色のおみくじが追加される。


詣でながら桜を感じられる寺宝館プロジェクションマッピングも新たに登場。寺宝館が桜の装いに変化する。

桜色に彩られた夜の豊川稲荷で新たな参拝体験を楽しんでみては。

■「日本三大稲荷・豊川稲荷×ネイキッド YORU MO-DE」開催概要
会場:豊川稲荷(豊川閣妙厳寺) 愛知県豊川市豊川町1番地
開催期間(一般): 3月22日(火)~4月3日(日) ※通年企画は毎月22日開催
開催時間(一般):18:00-22:00(最終入場21:30)
チケット前売:大人(高校生以上)800円、小人(中学生以下)500円
チケット当日:大人(高校生以上)1,000円、小人(中学生以下)600円
※未就学児無料
チケットぴあ販売サイト:https://w.pia.jp/t/toyokawa-yorumo-de/

※開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録