アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ドライヤーの冷風、使ってない人は損してる!スタイリングの悩み即解決

目次

毎朝のスタイリングで気になっていること、長年困っているお悩みなどはありませんか?
きっと多くの人が気にしている髪のツヤやボリューム、セットの持ちなどには、ドライヤー使い方が大きく関係しています。実は、意外と使っていない人が多いドライヤーの冷風、これを上手に使うことがポイントなんです◎

ドライヤーの冷風がもたらしてくれる効果についてご紹介しましょう。

1 髪のツヤが驚くほどUP☆

shutterstock_533053039

温風で温まった髪の毛は、表面のキューティクルが開いた状態です。この状態のままでは髪にツヤが出ません。

キューティクルは冷えると閉じるという特徴がありますので、温風で乾かした後はツヤ出しのために必ず冷風を当てましょう。



2 セットが長持~ち♪

Mika Ijiriさん(@izimie)がシェアした投稿



髪の毛の主成分はたんぱく質です。タンパク質は熱によって柔らかくなり、冷えると固まります。

温風を当てて髪が柔らかくなっている時にスタイルを作ったら、最後に冷風で急激に冷やすとセットが固定して崩れにくい長持ちスタイリングに。



3 ボリュームのUPもDOWNも思い通りに◎

shutterstock_330628679

ボリュームを出したい部分を持ち上げて温風の後に冷風を、ボリュームを抑えたい部分は手で押さえて温風の後に冷風を。これだけで、ピンポイントにボリューム調節が出来るうえ、長時間のキープも出来るんです。



ドライヤーの冷風、使ってない人は損してる!

ドライヤーの冷風はマニキュアを乾かすくらいしか使い道が無い…なんて思っている人は損をしていますよ!

冷風を活用すれば髪のボリュームも自由自在!ツヤ髪スタイリングも長持ちになりますよ♪




/

この記事の著者

beautyまとめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録