アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

専業主婦がお小遣いを上手に貯めるには? お小遣いの平均額や稼ぎ方は?

目次

専業主婦のみなさんは、自分自身のお小遣いについてはどのようにしているのでしょうか。「お小遣い」として毎回金額を決めている人もいれば、生活費の中でやりくりしていてどうしても曖昧になってしまっている人も多いはず。そこで今回は、専業主婦のお小遣いについてまとめました。

専業主婦のお小遣いってどれくらい?

484829740

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

主婦は、一般的に月々どれぐらいのお小遣いでやりくりしているものなのでしょうか?また、主婦も「お小遣い制」を設けることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。主婦のお小遣いの実態やメリットについてご紹介します。

主婦のお小遣いの平均額は?

博報堂が実施した「子供を持つ既婚女性の就業形態と消費に関する調査結果」によると、1カ月あたりのお小遣いの平均は次の通りとなっています。

・フルタイムで働いているママ……2万6,725円 ・パート・アルバイトで働いているママ……1万5,562円 ・専業主婦のママ……1万4,942円

やはり、働くママの場合には自由に使えるお金が多い傾向が見られます。また、実際に自分のために使うお金ついては、

・フルタイムで働いているママ……1万8,716円 ・パート・アルバイトで働いているママ……1万769円 ・専業主婦のママ……9,919円

となっています。働くママも専業主婦のママも、お小遣いに対して自分のために使うお金は、5,000円〜8,000円ほど安く抑えているようです。

専業主婦のお小遣いについては、@niftyの「何でも調査隊」からも次のような興味深い調査結果が出ているようです。

30代以下の専業主婦のお小遣い ・5,000円以下……64% ・5,000円〜1万円……27% ・2万円〜3万円……9%

40代以下の専業主婦のお小遣い ・5000円以下……35% ・5,000円〜1万円……22% ・1万円〜2万円……16% ・2万円〜3万円……22% ・3万円〜4万円……5%

専業主婦でも、年齢が高い層の方が全体的に自由に使えるお金が多いことが分かります。それでも、30代以下では約9割が1万円以下、40代以下では約7割が2万円以下のお小遣いとなっています。

家計の見直しにもお小遣い制は有効

主婦にも、ランチ代、趣味のお金、美容費、娯楽費などといったような、自分のための出費は必ずあるもの。

働いていて自分の収入がある場合、生活費を差し引いた残りのお金が「自由に使えるお金」となります。そして、この自由に使えるお金を全て「お小遣い」としてしまうと、気付かないうちに浪費しがちになってしまいます。

専業主婦の場合にも、自分の「お小遣い制」を設けていない場合、自分のために使ったお金は生活費の中の食費や雑費などにカウントすることになるため、自分のために使っている額をきちんと把握できないまま知らず知らずに使いすぎてしまうこともあります。

そのことから、生活費の中で「パパのお小遣い」「子どものお小遣い」と同様に「ママのお小遣い」の項目を設けるのは、家計を見直すためにも有効であると考えられます。

お小遣い制の注意点

164899094

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

専業主婦にもお小遣い制を導入することで家計の見直しがしやすくなるならば、ぜひ実践してみたいところですよね。次は、お小遣い制をスタートするにあたって知っておきたい事・注意するべき事について触れてみましょう。

お小遣いの目安を知る

お小遣い制を設けるために必要となるのが、金額の決定ですね。金額を決定するにあたって必要なのは、まずは収入とのバランスを考えること。そして、生活費のほかに貯金する分のお金も考慮することです。

貯金できる金額についてはその家の収入によって大きく変わってくるものですが、貯蓄の目標は最低でも手取りの10%としておきたいところです。余裕があれば20%、もっと頑張れる人は25%を目指すと良いでしょう。

お小遣いの定義を決めておく

自分で生活をきりもりしていると、飲み代やランチ代、身だしなみにかかるお金など、生活費から出すべきかお小遣いから出すべきか人によって意見が分かれそうなものがたくさんあります。そのあたりを曖昧にしているようでは、生活費も安定しません。

そのため、夫婦のお小遣い制では、買い物や出費においてどこまでをお小遣いで対応するかをきちんと決めておくことも重要になってきます。

クレジットカードはお小遣いとは別に

クレジットカードで買い物をするケースでは、本来のお小遣いを使い切ってしまうとさらにカード分の請求分が上乗せされての出費となってしまうので注意が必要です。

カードでは、お小遣いから払うものは買わないようにするか、明細をきちんとチェックしつつカード分の出費と現金での出費を本来のお小遣いの金額以内に抑えるようにするかを徹底しましょう。カードでお小遣いを使う場合には、購入時に即銀行口座から引き落とされるものを利用するのが望ましいです。

専業主婦がお小遣いを貯めるコツって?

641698136

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お小遣い制にしてみたのは良いけれど、やりくりがなかなか思うようにいかない、という人も多いのではないでしょうか。お小遣い範囲内で満足できるコツや、少しずつでも貯められるコツってどのようなものなのでしょうか?

レシートをとっておく

買い物をする度に使うお金を意識してみましょう。まずは、買い物をした時のレシートをとっておき、週末のペースで集計してみます。普段なんとなく買っている雑誌や雑貨、お菓子なども、トータルすれば結構な額になっていたりすることに気付くはず。こういったレシートの集計を繰り返していると、自然にお金の管理ができるようになります。

自分へのごほうびをつくる

お小遣いのやりくりが順調にできてきたら、少しずつさらなる目標を立てていきます。そして、目標が達成できたら、「自分のごほうび」をつくるのも長続きのコツです。やりくりして浮いたお金で、欲しいものを買ったり次回のお小遣いに上乗せするなど、ごほうびを楽しみましょう。

ごほうびをつくる上での注意点は、ごほうびを大きなものにし過ぎないことです。だからといってあまりにも小さすぎるのもモチベーションが上がりません。ケーキやちょっと高めのスイーツ、お酒を買ったり、オシャレなお店でランチをするなどが良いでしょう。

貯めるための専用口座をつくる

貯金をしていると、必ず残高が増えていくもの。しかし、「お金があるだけ使ってしまう」という人は特に、残高があると分かっているとつい使ってしまいますよね。

その場合には、生活費をやりくりする口座と、貯める専用の口座を分けるのがおすすめ。生活費の口座に入れる金額は、常に生活費の1カ月〜3カ月分だけにとどめておきます。そうすれば、いくら貯金ができていても生活費の口座の中に入っているお金は常に一定なので、油断することもありません。

大事なもののためだけに使う

日頃からその時の気分でお金を使ってしまっているせいで、本当にお金を使いたい時に手元になくて悔やんでしまう……という経験がある人も多いのではないでしょうか。その場の気分や雰囲気に流されず、お金を使う目的はあくまでも「なりたい自分になるため」「大事なものを守るため」であるという事を常に心しておくことが大切です。

買う前に「今必要か?」を考える

物を買う前に、それが今の時点で必要な物なのか、それとも来月でもいい物なのか一度考えてみることも大事。これは、買うのを諦めるのではなく、来月までに後回しにするということです。その時に本当に必要であれば買えば良いし、来月にも必要なかったという事になれば結局は買わずにすみます。

そのようにして、”本当はすぐに必要ではなかったもの”を買うことがなくなると、それだけ多くのお金が手元に残るようになり、貯金もしやすくなります。

増やして貯める!専業主婦におすすめの稼ぎ方

538448360

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今のお小遣いの額じゃ、やっぱり満足できない……という人は、インターネットやスマホなどを活用して、お小遣い稼ぎをしてみるのもおすすめです。次は、専業主婦でもできるおすすめの稼ぎ方についてご紹介します。

フリマアプリ・ネットオークションで稼ぐ

インターネットがつながっていれば、フリマアプリやネットオークションを活用してみるのも良いでしょう。この2点は、出品して物を売って稼げるサービスですが、個人間での取引のため基本的に消費税がかかりません。 フリマアプリは、品物をスマホなどで撮影して出品し、個人間で物の売買ができるサービスです。個人間のやり取りでは詐欺などのトラブルのリスクがありますが、代行決済を設けているサービスや本人確認を必須にしている所も多いようです。また、出品時ではなく取引が成立した際に手数料が発生するスタイルが一般的なので、かえって支払うお金の方が多くなってしまった、というようなこともありません。

ネットオークションも、フリマアプリ同様で出品して個人間で売買を楽しむサービスです。フリマアプリとの違いは、売買が成立する価格が固定されていないという部分。時間と手間がかかるデメリットはありますが、需要によっては予定していたよりもかなり高い金額で売れるというメリットもあります。

在宅ワークで稼ぐ

通勤せず自宅で働ける在宅ワークにはライティングやCG作成、ホームページ制作、テキスト入力、プログラム開発など様々な職種があり、スキルや知識があれば稼ぎやすい手段でもあります。

スタート方法は、在宅ワークによる仕事を斡旋しているサイトを利用する、知人に声をかけるなど様々。主婦が在宅ワークによって得られる収入は、3〜5万円が平均的とされています。

まとめ

専業主婦もきちんと自分自身のお小遣いを設け、生活費と分別しておく事は、家計へのメリットにつながります。また、自分が自由なお金が確保できるということは、精神的にも良いのではないでしょうか。お小遣いを適した金額に設定し、やりくりに工夫を交えながら、お小遣い生活を楽しめるといいですね。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録