4/10は「きょうだいの日」!障がい者のきょうだいが主役の短編映画が無料公開

更新日:2022年3月21日 / 公開日:2022年3月21日


きょうだい映画製作委員会は、4月10日(日)の「きょうだいの日」にちなんで、短編映画「ふたり~あなたという光~」を、オンラインで無料公開(通常視聴1,500円)する。

4月10日は「きょうだいの日」

障害や疾患、難病などがある人の兄弟や姉妹のことをひらがなで“きょうだい児”、または“きょうだい”という。

アメリカでは、4月10日が「Sibling Day(シブリングデー、きょうだいの日)」と制定されており、「父の日」や「母の日」と同じように自分の兄弟姉妹に思いを馳せ、感謝を伝えたり祝ったりする大きな記念日となっている。

日本では、きょうだい児支援を行う「しぶたね」を中心に、記念日の制定に向けた働きかけがあり、2019年に公式な記念日となった。

「きょうだい」としての体験を元に制作

日本では近年、障害や疾患のある親や祖父母、兄弟や姉妹の世話や介助をする18歳未満の子どもたちを指す「ヤングケアラー」に関する報道が増えたことで、ヤングケアラーの認知が急速に拡大している。

全く同じではないものの、「きょうだい」もまた、ヤングケアラーの課題と同様、障がい者本人や親の悩みが多く取り上げられる影で、本人たちがSOSの声を上げない場合が多い、葛藤している自覚がないなどの理由から、あまり知られない存在だ。

そこで、きょうだい映画製作委員会代表であり、映画プロデューサーの三間瞳氏は、自身の「きょうだい」としての体験を元に映画「ふたり~あなたという光~」に至ったという。

映画では、主人公が自分の「きょうだい」としての人生を見つめ直し、自分らしい人生への一歩を歩みだす姿が描かれている。

各種映画祭でノミネート


同作は、プロデューサーの三間瞳氏が、映画監督の佐藤陽子氏との出会いにより製作に至った作品だ。

国内外の映画祭にて数々の入選を果たし、神戸インディペンデント映画祭2021では、261作品の応募の中からグランプリを獲得するなど、社会課題に斬りこんだエンターテイメントとして評価を受けている。

オンライン無料公開の日時は、4月10日(金)0:00~4月11日(土)18:59まで。

「ふたり~あなたという光~」を、この機会に視聴してみては。

「ふたり~あなたという光~」無料視聴詳細:https://note.com/movieofsiblings/n/n5e7877b68430



この記事の著者

ログイン・無料会員登録