子どもの入園・入学前に高まる不安トップ3は? 先輩ママパパは意外な回答

更新日:2022年3月24日 / 公開日:2022年3月24日

国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」が、いこーよユーザー325名を対象に「入園・入学で不安に思うことに関するアンケート」を実施しました。結果、入園・入学前の不安トップ3は、「登園・通学のグズり」、「朝の支度」、「担任の先生」となりました。そのほか、先輩パパママのアンケートでは、意外な実態がわかりました。

アクトインディ(東京都品川区代表:下元敬道)が企画運営する国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、いこーよユーザー325名を対象に「入園・入学で不安に思うことに関するアンケート」を実施しました。

今年の4月に入園・入学を迎える子どもがいる保護者に、不安に思う事について聞いてみたところ、最も多かったのは「子どもがグズらず毎日、登園・通学してくれるか」でした。

次に多かったのは「子どもが朝決まった時間に支度して登園・通学できるか」でした。また、似たような心配事で「子どもが園や学校で集団行動に馴染めるか」という内容も4位に入っています。子どもが新しい環境に入り、他の子ども達と一緒の集団行動などに馴染めるか、気にかけていることがわかります。

3位は「どんな先生が担任になるか」でした。保育園・幼稚園や小学校でのキーパーソンとなる「先生」がどんな人なのかに関心が高いことがわかりました。

他にも、「子どもに新しく仲のいい友達ができるか」も多くの人が不安としてあげていました。子どもが保育園・幼稚園、小学校に通うことを楽しいと思えるかどうかには友達の存在が大きく関わってくるため、多くの保護者が心配に思う事柄となっているようです。

保育園・幼稚園に入園する時と、小学校に入学する時とで不安に思うことに違いはあるのか見てみると、入園時の方が不安の割合が高かったのが、「子どもがグズらず毎日、登園・通学してくれるか」や「子どもが保護者と長時間離れて園や学校で過ごせるか」でした。入園するのが年齢的にまだ小さい乳幼児であることからくる不安だろうと考えられます。

一方、「どんな先生が担任になるか」、「子どもが朝決まった時間に支度して登園・通学できるか」、「子どもに新しく仲のいい友達ができるか」、「子どもが園や学校の活動(勉強含む)についていけるか」については、小学校への入学時の方が不安に思う割合が高いという結果となりました。これは、小学校では勉強をするための授業の時間が増えることに加え、保護者の手を離れてより自立した行動が求められるようになるため、子どもがうまく自律・自立していけるのかという不安が入園時よりも入学時の方が強いということではないかと推測されます。

すでに子どもが登園・通学している家庭に、実際にトラブルや困ったことなどがあったのかを聞きました。「あった」という割合は32%、「なかった」が68%でした。つまり、3分の2の家庭では保護者の心配をよそに、実際には入園・入学後に大きなトラブルなく無事に乗り切れたということがわかりました。

実際に、どのようなトラブルがあったのか、自由回答で聞いてみたところ、多くのエピソードを得ることができました。そこには、泣いて行きたがらない子どもの様子につらい気持ちになりながらも、励ましたり、なだめたり、一緒について行ったりと様々な工夫をして子どもに寄り添っている保護者の方の姿が浮き彫りになりました。一部抜粋して紹介します。

回答者全体の325サンプルの内訳

【アンケート調査概要】 調査の方法:Web上のアンケートフォーム 調査の対象:いこーよユーザー 有効回答数:325件 調査の期間:3月7日~3月14日

(マイナビ子育て編集部)


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録