アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【業務スーパー】冷凍水餃子2種「豚肉水餃子」と「三鮮水餃子」の食べ比べレポ

/

目次

餃子って老若男女を問わず好きなメニューですよね。焼き餃子もおいしいですが、ゆでて食べる水餃子もまたおいしいです。そんな水餃子を、業務スーパーでも買う事ができます。今回紹介するのは「豚肉水餃子」と「三鮮水餃子」を徹底的に味比べしてきます。ぜひおうちでも本場中華の味を楽しんでみませんか?

幼児から高校生の育ち盛り6人を子育て中のこんまむです。

ちょっと全体的に少なめなご飯であっても、餃子があるだけで、ボリュームと子ども達のテンションもアップしますよね。

今回ご紹介するのは、業務スーパーの冷凍の「豚肉水餃子」と「三鮮水餃子」。

2種類の水餃子にはどんな違いがあるのか? 調理方法も変えて食べ比べしていきます。

【冷凍】豚肉水餃子

Img 8817

Img 8819

【商品情報】 名称:冷凍ぎょうざ 原材料名:野菜(キャベツ、しょうが、にんにく)、豚肉、ぶどう糖、オイスターソース、ごま油、食塩、でん粉、しょうゆ、こしょう、皮(小麦粉、でん粉、大豆油、食塩、卵白粉末)/調味料(アミノ酸)、香料、(一部に卵・小麦・大豆・豚肉・ごまを含む) 内容量:500g 保存方法:-18℃以下で保存してください 凍結前加熱の有無:加熱してあります 加熱調理の必要性:加熱して召し上がりください 原産国名:中国

価格は375円。 賞味期限は購入日から約1年5ヶ月ありました。

Img 4427

1袋500gで25個入り。1個、約15円です。

Img 4433 1

餃子1個、約5cmです。

【冷凍】三鮮水餃子

Img 8822

Img 8823

【商品情報】 名称:冷凍ぎょうざ 原材料名:豚肉、野菜(白菜、しょうが)、ゼラチン、えび、乾燥しいたけ、ごま油、砂糖、食塩、オイスターソース、チキンエキス、こしょう、皮(小麦粉、大豆油、食塩)/調味料(アミノ酸等)、(一部に卵・小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごまを含む) 内容量:500g 保存方法:-18℃以下で保存してください 凍結前加熱の有無:加熱してあります 加熱調理の必要性:加熱して召し上がりください 原産国名:中国

「三鮮」とは、豚肉・えび・野菜が入った餃子のことです。

さきほどの豚肉水餃子は「ボイル」の記載しかありませんでしたが、この三鮮水餃子は、「ボイル」「揚げ」「焼き」の調理ができると記載してあります。

価格は354円。 賞味期限は購入日から約1年1ヶ月ありました。

Img 4110

1袋500gで、34個入り。1個が約10円なります。

さすが業務スーパーさんといった価格ですね。

Img 4120

1個が約4cmで、豚肉水餃子よりやや小さめです。

【食べ比べ】豚肉水餃子 vs 三鮮水餃子

Img 8838

(左)豚肉水餃子(右)三鮮水餃子

まずは水餃子で比べてみます。

豚肉水餃子は6分、三鮮水餃子は5分ゆでます。見た目には、皮が少々厚そうなのが三鮮水餃子です。

Img 8843

【豚肉水餃子】 豚肉水餃子のほうは、皮は薄めです。皮の中には、お肉と野菜のキャベツがたっぷり入っているのがわかります。豚肉のうまみをたっぷり感じられる水餃子です。

Img 8846

【三鮮水餃子】 皮は豚肉水餃子より厚めなので、モチっとした食感。豚肉のうまみと野菜のシャキッと食感、そして豚肉水餃子との違いのひとつ、えびのプリっと食感も楽しめる水餃子です。

海鮮系が好きな方は、三鮮水餃子のほうが好きかもしれません。

水餃子で食べると、豚肉水餃子と三鮮水餃子の皮の厚さの違いが一番わかります。皮が厚い三鮮水餃子は、煮崩れしないので鍋にも向いているかも。

豚肉水餃子&三鮮水餃子を揚げてみた!

Img 8861

(左)豚肉水餃子(右)三鮮水餃子

三鮮水餃子が揚げでもいけるので、ついでに豚肉水餃子も揚げてみました。揚げる際には、餃子に穴が空いてないか確認が必要です。餃子に穴が空いていると、揚げている間にうまみが飛び出るだけでなく、油が飛び、大惨事になりかねません。

揚げた場合、豚肉水餃子と三鮮水餃子の皮の厚さの違いは感じられませんでした。

カリっと食感の皮の中から、どちらもじゅわ~っと肉汁があふれ出てきます。熱いので、揚げたてはやけどに注意してくださいね。

水餃子に比べるとカロリーは高くなりますが、揚げ餃子のほうが好きという方もいるかもしれません。こちらもまた捨てがたい調理法です。

餃子といえば……焼き餃子!

Img 8852 1

(左)豚肉水餃子(右)三鮮水餃子

三鮮水餃子は焼きも可能でしたので、こちらも豚肉水餃子も一緒に焼いてみました。

ごま油を引いたフライパンに餃子を並べ、餃子の半分ぐらいのお湯を入れ、蒸し焼きにしました。

水餃子の場合、皮にしっかり具材が包まれているので旨味が漏れずに焼けます。やはりうまみのスープが出てくるのは、水餃子ならではですよね。

豚肉水餃子は豚肉のうまみがじゅわ~っと出てきました。三鮮水餃子のほうが、えびなども入っているのでさっぱりめに感じるかもしれません。

ひと口大サイズの餃子で、大変食べやすいです。

まとめ

水餃子1個の値段と味の高コスパは、さすが業務スーパーさんといったところです。

水餃子ではありますが、調理法を変えれば違った楽しみ方ができ、500gの水餃子はあっという間に終わってしまうかも。「豚肉水餃子」はパッケージにはボイルの表記だけですが、「三鮮水餃子」同様、揚げても焼いてもおいしくいただくことができました。

皮の厚さ、中の具材でお好みの水餃子を選び、ぜひおうちで本場の中華料理を楽しんでくださいね。


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録