読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠初期に気をつけること 体の状態・食事・過ごし方

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠初期とは、妊娠4ヶ月までのこと。週数では妊娠0週〜15週にあたり、妊娠が始まって赤ちゃんの身体が形成されていく大事な時期です。この時期、赤ちゃんや母体はどのようになっているのでしょうか?生活において注意しておきたいこととは? 妊娠初期の過ごし方についてまとめました。

この記事の監修ドクター

的野ウィメンズクリニック的野博院長 的野ウィメンズクリニックでは、妊娠・婦人科検診はもちろん、生理痛、生理不順、更年期障害などのお悩みや、風邪をひいた、などのちょっとした身体の不安も安心して気軽にご相談いただける、女性のためのホームドクターを目指しています。 https://www.matono-womens.com/

妊娠初期ってどんな状態?

612737252

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期は卵子が受精するところから始まり、着床し、じょじょに赤ちゃんの身体が作られていきます。ここでは妊娠初期の週数ごとの、赤ちゃんとママの状態についてご紹介します。

妊娠1ヶ月の赤ちゃんとママの状態

妊娠1ヶ月は、週数で言えば、0〜3週目。妊娠(生命)の始まりとなる「受精」と「着床」が行われる時期となります。

赤ちゃんは、1週目には卵子が発育中の段階であるためまだ存在しないことになります。2週目には受精卵となっており、3週目になって子宮内膜に着床した状態となります。その時は、タツノオトシゴのような形で、まだ人間の姿ではありません。サイズは、大きさはわずか1ミリほど。そのため、妊娠1ヶ月の段階では、赤ちゃんは「胎児」ではなく「胎芽」と呼びます。

妊娠が成立するのは妊娠1ヶ月の中でも3週頃とほぼ終わりの時期であるため、ママはまだ妊娠の自覚がほとんどないものです。しかし、妊娠が成立することにより、女性の体の中ではhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)といった妊娠中特有のホルモンがたくさん出てくるため、次の月経予定の時期あたりに、体調の変化に気がつく人もいるようです。

その時の体調の変化としてありがちなのは、不意に眠くなる、あくびがとまらない、なんとなくだるい、熱っぽい、軽い吐き気がする、など。

妊娠2ヶ月の赤ちゃんとママの状態

妊娠2ヶ月は、週数では4〜7週目。この時期は、来るはずの月経が1週間以上来なかったりすることにより、ママが妊娠に気付くケースが多いです。また、超音波検査によって妊娠の確認や赤ちゃんの様子を見れるようになります。

この時期の赤ちゃんは、胎嚢(たいのう)という袋に入っている状態となっており、超音波検査ではこの胎嚢が黒い状態で見えることにより、妊娠が確認できるのです。胎嚢に入っている赤ちゃんは、胎嚢の中にある卵黄嚢(らんおうのう)から栄養をもらって成長します。

6週頃になると、赤ちゃんの心臓の動き(胎児心拍)が確認できるようになります。7週目に入る頃の赤ちゃんは、魚のような形から人間らしい形になってきます。この時はまだ2頭身ですが、手や足はもちろん、心臓、肝臓、腎臓、胃腸などの臓器もできています。7週の末は脳の神経や目の視神経や耳の聴神経などが急速に発達する時期で、脳や脊髄の神経細胞が約80%できている状態となっています。

妊娠2ヶ月頃のママは基礎体温が高い状態が続くほか、ホルモンの影響で便秘になったり眠気が気になるといった兆候があらわれてきます。5週〜6週頃からは、悪阻が始まります。この時期のつわりは、空腹となっている寝起きの際に特に吐き気を感じやすいのが特徴です。

妊娠3ヶ月の赤ちゃんとママの状態

妊娠3ヶ月は、週数で言うと8〜11週目にあたります。まだお腹が膨らんできた実感がないことがほとんどです。

赤ちゃんは、胎芽から胎児となります。身体は3頭身ほどになり、頭と胴、手足の区別もはっきりしてきます。水かきのように指同士がくっついている状態だった手足も、指がきちんと分かれてきます。目にはまぶた、耳には耳たぶ、口には唇、鼻には鼻の穴ができます。下あごや頬も発達し、人間らしい顔つきになります。11週末頃には、それぞれの外性器ができてきます。

妊娠3ヶ月頃のママの身体は、子宮が徐々に大きくなり、11週末には大人のこぶしぐらいの大きさになっています。また、7週目〜9週目を中心に悪阻のピークとなります。個人差があるので、特に気にならない程度であるという人もいれば、かなり重い人もいます。

悪阻の原因については、hCGの影響や母体が胎児を異物と感じることによるアレルギー反応、精神的なストレスによる自律神経の乱れなどが言われていますが、実際にははっきりと分かっていません。

妊娠4ヶ月の赤ちゃんとママの状態

妊娠4ヶ月は、12〜15週目。胎盤(たいばん)が完成し、流産の心配はかなり少なくなる時期です。

赤ちゃんは胎盤が完成したことにより、へその緒を通じてママから栄養をとるようになります。脳の一部が働くようになったため、ママの精神状態の影響を受けることがあります。体内では各器官の形成期が終わり、内臓の基本的な形が完成し、機能が徐々に発達します。皮膚は不透明になって厚みが出てきます。顔にはうっすらと産毛も。外性器も完成しているので、超音波検査で性別が確認できることがあります。

妊娠4ヶ月頃のママの身体は、外から見てもお腹のふくらみが分かってきます。15週末には、子宮も子どもの頭ぐらいの大きさに。この時期には、悪阻が軽くなったり解消されるママも多いようです。

妊娠初期の食事で気をつけること

482143899

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期から、赤ちゃんはママの食事から栄養を取り入れるようになります。そうなると、やはりこの段階から食事には気をつけたいところですよね。次は、妊娠初期の食事での心がけについてご紹介します。

食べ過ぎに注意

妊娠中全期にわたっていえることですが、気をつけておきたいのが、体重管理。「妊娠中にはたくさん食べなければならない」という考えもありますが、体重が増えすぎてしまうと妊娠性高血圧症や難産のリスクがあります。妊娠初期から、食べ過ぎには注意しておきたいところです。

つわり時期は食べられるものは何でも食べる

つわりが始まると、バランスの良い食事どころか食べることさえ十分に出来なくなることもあります。そんな時は、水分だけはきちんととり、食べられるものがあればフルーツ、お菓子、ジュースでも良いので何でも食べるようにします。葉酸やビタミンB群はサプリで補給しておくと良いでしょう。

葉酸を積極的に摂る

葉酸とは細胞増殖に必要なビタミンB群の栄養素のこと。妊娠初期の葉酸の不足は、神経管欠損症(二分脊椎、無脳児、脳瘤)の原因となります。妊娠の1ヶ月前〜3ヶ月の間に1日0.48mgを摂取することが勧められています。葉酸は、野菜や果物、海藻やサプリメントで摂ることができます。

妊娠初期に避けたい食材

・マグロやカジキなどの大型魚……水俣病の原因となるメチル水銀が比較的多く含まれるため、妊娠中は避けた方が良いと考えられます。週に1〜2回までの頻度で1回80gまでを目安とするのが望ましいようです。

・海藻類……海草類に含まれるヨードは、過剰摂取によって胎児の甲状腺機能が障害を受ける恐れがあります。

・ひじき……ひじきに含まれるヒ素は、英国食品規格局が2004年に発ガン性があるとして摂取しないよう勧告しているとのこと。

妊娠初期の薬の服用について

476698149

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠に気づかない人も多い妊娠初期だからこそ、知っておきたい薬の服用のリスクについて。妊娠初期に薬を服用した場合、赤ちゃんに奇形などの影響はあるのでしょうか?妊娠初期の薬の服用のリスクについてまとめました。

妊娠初期の服薬のリスクとは

妊娠初期の中で奇形を起こすリスクが最も高いと考えられるのは、胎児の体の原器が作られる時期である4週〜7週の期間。さらに、この時期には妊娠に気付いていないケースも多いので、特に注意が必要となります。

それ以前の4週までの期間はまだ胎児の器官形成は開始されていない段階であるため、服用によって起こるリスクは、受精卵の段階で着床できないか流産してしまうかのいずれか。ただし、薬によっては残留性を持つものもあるので、やはり注意が必要です。

8週目以降には胎児の重要な器管の形成が終わっているため、リスクはやや低下すると考えられます。しかし、一部では分化などが続いている場合もあるので、油断は禁物です。

持病がある人は要注意

市販薬に関しては、赤ちゃんへの悪影響につながるような薬はほとんどありません。その一方で抗がん剤、リウマチ、高血圧、てんかんなどといった持病のある人が服用する薬に関してはリスクの高いものもあるので、注意しておきたいところです。持病で薬を服用している人は、妊娠する前に医師に相談した上で薬を処方してもらうことが望ましいです。

薬を服用してしまったときは

妊娠に気付かないで薬を服用してしまったという人も多いのではないでしょうか。しかし実際には、通常で出回っている薬剤には赤ちゃんに影響を与えるようなものはほとんどないのが現状です。どうしても心配な場合には、医師や専門家に相談してみると良いでしょう。

妊娠初期に気をつけるべき感染症

646088420

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中の感染症は、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。次は、実際に赤ちゃんの健康に悪影響のある感染症についてご紹介します。感染症の予防は、しっかりとしておきたいところです。

風疹

妊娠12週までの間に風疹にかかると、赤ちゃんに先天性風疹症候群(難聴、心臓病、白内障、精神発達遅延)のリスクがあります。

りんご病

りんご病は、子どもだけでなく成人でも感染する病気です。妊娠中に感染すると、胎児貧血や胎児水腫などの原因になり、最悪の場合には流産や死産となることもあります。

妊娠初期の出血・腹痛にも注意

589120252

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期には、出血や腹痛が起こる場合があります。これらは、妊娠特有の症状として見られるものですが、トラブルの兆候である可能性も考えられます。気になったら、すぐに受診してください。

妊娠初期の出血で考えられること

妊娠初期の出血は、着床の段階で起こる着床出血や流産、子宮外妊娠が考えられます。出血には個人差があるため、出血の状態だけでは原因を特定することはできません。そのため、少量でも出血が見られる場合には医師にかかりましょう。

妊娠初期の危険な腹痛とは

妊娠初期には、身体の中の黄体ホルモンの作用で子宮収縮が行われ、生理痛のような下腹部痛が見られます。しかし、痛みがどんどん強くなったり強い痛みが継続するような場合には、流産の兆候や子宮外妊娠が疑われます。

まとめ

妊娠初期は、妊娠に初めて気付く時期でもあり、そのタイミングも人それぞれ。しかし、この段階で赤ちゃんの健康のために気をつけておきたい事がたくさんあります。妊娠が分かった人だけでなく、妊娠の可能性がある人もこれらの事を意識しながら過ごすのが望ましいのかもしれません。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年3月10日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録