読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

パートも確定申告でお金は戻ってくる? やり方・必要な書類は?

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

確定申告といえば、所得額を申告して所得税を納めるものですが、場合によってはお金が戻ってくることもあります。今回は、確定申告の方法や用意するべき書類まなど、確定申告についての情報をまとめました。

パートでの確定申告

528560672

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パートで働いて給料をもらっていたら、確定申告をしなければならないのでしょうか?そもそも確定申告ってどのようなものなのか、いまいちよく分からないという人も多いですよね。まずは、確定申告の仕組みと確定申告をするべき条件などについてご紹介します。

そもそも「確定申告」って何?

確定申告とは、1月1日〜12月31日までのその年の間に所得があった人が行う、所得税に関する手続きのこと。具体的には、支払うべき所得税と復興特別所得税を算出するために収入額などを申告して納税の手続きをする「申告納税」、そして納め過ぎた所得税・復興特別所得税の超過分を返してもらう「還付申告」をするのです。

所得税は本来、所得間の損益通算や所得控除、税額控除などを考慮して計算された額が適切な納税額となります。しかし、日頃から給与から差し引かれている所得税は、それらを考慮する前の金額であるため、「所得税の納め過ぎ」が発生してしまうのです。確定申告では、所得税の再計算をして精算することができます。

手続きの期間は、原則として翌年の2月16日〜3月15日となっています。

月収いくらであればパートでも確定申告すべきか

確定申告によって「申告納税」、つまり所得を計算して所得税を納めなければならない可能性のあるケースは、例えば次のようなものです。

・給与所得があった ・事業所得があった ・配当所得があった ・不動産所得があった ・退職所得があった ・譲渡所得があった ・山林所得があった ・一時所得があった ・雑所得があった

サラリーマンの場合は、「給与所得があった」に該当しますが、所得税の精算は年末調整で行われるため、「給与収入が2,000万円を超えた場合」「給与所得や退職所得以外の各種所得金額の合計額が20万円を超えた場合」「2カ所以上から給与を受け取っていて年末調整を受けていない給与とその他の所得の金額が20万円を超える場合」を除けば、基本的に確定申告は不要となっています。

同様に、パートの場合も「給与所得」に該当するため、年末調整が行われていない場合には確定申告が必要な可能性があります。それでは、パートの人の場合には月収いくらであれば確定申告をするべきなのでしょうか?

給料は、一般的に月額8万8,000円を超えると所得税が発生し、支払いの際に所得税を差し引かれた額を受け取ることになります。ただし、所得税額の計算は、年間の給料の合計金額が基準となっており、収入が給与所得のみの場合には年間のトータルが103万円以下であれば所得税を支払う必要がありません。そのため、1ヶ月8万8,000円を稼いだことで所得税を差し引かれた月があったけれども、年間の給与額が103万円以下だった場合には、支払った所得税は必要がないのに負担してしまったことになります。

この支払い超過分は職場で年末調整で戻ってきますが、年末調整が行われない場合には差し引かれた分の所得税を確定申告で還付してもらう必要があります。また、いくつかの仕事をかけもちしているなどで所得税の支払いをしていない場合には、年間トータルが103万円以上の稼ぎとなれば確定申告で申告納税をする必要があります。

配偶者控除も受けられるケース

配偶者の年間の合計所得金額が38万円以下の場合、納税者は「配偶者控除」を受けることができ、納める所得税が安くなります。

パートで働いた場合の収入は「給与所得」となるため、その収入から給与所得控除として65万円が差し引かれた額が所得金額となります。つまり、パートによる収入のみの場合には103万円以下であれば配偶者控除の対象となるのです。

例えば、配偶者がパートで年間98万円の収入があった場合には、給与所得控除額65万円が差し引かれるため、年間所得額は33万円となり、配偶者控除が受けられます。ちなみに、配偶者が自営業や株などの給与所得以外で年間98万円の収入があった場合には給与所得控除はされないため、38万円以上の所得があったとして配偶者控除の対象にもなりません。

また、配偶者の合計所得金額が38万円を上回った場合でも、次の条件に該当すれば配偶者特別控除を受けることができます。

・控除を受ける納税者本人の合計所得が1,000万円以下 ・配偶者の合計所得金額が38万円超〜76万円未満(年収103万超〜141万円未満)

配偶者特別控除の額は、配偶者の合計所得金額が増加するにつれて38万円から段階的に減っていきます。

副業でパートをしている場合の確定申告

95503312

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さまざまな事情により、本業とかけ持ちしてアルバイトやパートでお金を稼いでいる人も少なくないのではないでしょうか。この場合は確定申告は必要になるのでしょうか?次は、副業でパートをしている場合の確定申告についてご紹介します。

副業でも確定申告は必要?

所得税法においては、役員、正社員、非正規雇用、アルバイト、パートといった就業形態を問わず、「給与所得」という区分において所得を計算することになります。そして、所得税を計算する上での所得金額は、年間の収入が元となります。つまり、副業でアルバイトやパートをしているなどで本業のほかに収入がある場合には、確定申告が必要となるのです。

年末調整を受けられるものと受けられないもの

給与を1カ所からのみ受給しており、控除の適用もない給与所得者の場合には、年末調整のみで税金の計算が完了しますが、給与を複数からもらっている場合には、年末調整を受けられるのは本業のみに限られます。副業は年末調整を受けられないのです。

これは、正社員に限らずアルバイトやパートを掛け持ちしている場合も同様で、メインにしている職場、つまり1カ所でしか年末調整を受けることができません。この場合、本業の給与の分だけ年末調整を受けておき、その上で確定申告をすることになります。

確定申告はどうやってやるの?

501539884

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

確定申告をしなければならなくなったけれど、初めての事ならなおさら、どういう流れでどうやって行うのか分からないものですよね。確定申告に必要となる源泉徴収票も、どのように見れば良いのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。次は、確定申告をするにあたっての源泉徴収票の扱い方や、必要書類などについてもご紹介します。

源泉徴収票を確認

パートで働き、給料をもらった場合には基本的に源泉徴収票が交付されることになっています。源泉徴収票の内容で確定申告が必要であるかどうかが判断できることもあるので、まずは源泉徴収票を確認してみましょう。

源泉徴収票を見てみると、「支払金額」「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」「源泉徴収税額」という項目があります。その中の「支払金額」には1年間に支払われた給与額(課税対象となる分のみ)、「源泉徴収税額」に、差し引かれた所得税額が記されています。

例えば、支払金額が103万円以下にも関わらず、源泉徴収税額が0円ではない場合には、「還付申告」によって徴収されていた分の所得税の還付を受けることができることを意味しています。

また、2カ所以上から給与の支払いを受けている人は、全ての源泉徴収票を取り寄せましょう。それぞれの支払金額が少なくて所得税の徴収がなかったとしても、トータルすると103万円を超えていた場合には、申告納税にて所得税の支払い義務が生じます。

確定申告の手続きと書類

確定申告をする際には、まずは自身の所轄の国税局・税務署が指定する会場にて確定申告書を作成します。必要なものは、収入の分かる書類や所得控除に関係する書類です。納税者によっては必要な書類は異なりますが、基本的には次のものが必要となります。 ・源泉徴収票 ・源泉徴収票に記載されている以外の国民健康保険や国民年金の支払いを証明する書類 ・生命保険料控除の控除証明書 ・地震保険料控除の控除証明書 ・控除の対象となる親族や配偶者の生年月日や所得が記載された書類

また、国税庁のホームページには「確定申告書等作成コーナー」があり、そこからも簡単に申告書を作成することができます。必要な情報を入力すると、税額が自動計算されるので、おおよその還付税額を知ることができます。確定申告書に必要な書類を添付して税務署に送付するか、直接持参します。持参の場合には、銀行口座番号や認印を持っていくと手続きをスムーズに済ませることができます。

確定申告は5年前分まで可能

パートやアルバイトの場合でも、確定申告をすることで払い過ぎた所得税が還付されます。雇用先から発行される源泉徴収票の支払金額を必ず確認し、配偶者控除の可能性なども検討したうえで、手続きを忘れないようにしておきたいところです。

もしも所得税が還付されたはずなのにその手続きを忘れてしまったという場合には、5年前のものまでであれば申請して還付を受けることが可能です。また、申告漏れや間違いがあった場合の修正申告も受け付けています。

まとめ

522696657

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

確定申告をしなければならない人が期間内に申告納税しないと、所得税にさらに「加算税」「延滞税」などの税金が上乗せされた金額が請求されることになります。これらの金利は高くつくため、期限はできるだけ守りましょう。また、支払いすぎた所得税も、自分から確定申告にて還付申告をしなければ、払いっぱなしになってしまいます。損をしないためにも、確定申告をすることは大切です。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年3月10日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録