造幣さいたま博物館、桜のさんぽ道開放に合わせ貴金属製品品位証明業務の特設展示開催

更新日:2022年4月2日 / 公開日:2022年4月2日


造幣さいたま博物館では、4月5日(火)〜17日(日)の間、造幣局さいたま支局構内にある桜並木の通路「桜のさんぽ道」を一般開放する期間に合わせ、貴金属製品品位証明業務の特設の展示コーナーを設置。普段工場見学で見ることができない業務を、映像やパネルで紹介する。

桜とともに工場見学も楽しめる


造幣局さいたま支局では、構内の桜並木「桜のさんぽ道」を一般開放し、同局の桜に親しんでもらうともに、造幣さいたま博物館及び工場見学を楽しめるイベントを開催する。

工場見学では見られない業務を紹介


それに合わせて行われる特設展示の映像では、貴金属製品の品位証明の流れや、


その作業の詳しい内容などが紹介される。

造幣局のホームページでも、造幣局の貴金属製品品位証明業務のことを紹介しているのでチェックしてみて。

造幣さいたま博物館で、お花見と併せて展示を楽しんでみては。詳細は、造幣局ホームページで確認を。

■特設展示開催概要
期間:4月5日(火)〜17日(日)
開催場所:造幣さいたま博物館
住所:埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-190-22
展示時間:9時〜16時30分(最終入館は16時)
入館料:無料

造幣局ホームページ:https://www.mint.go.jp
貴金属製品品位証明業務について:https://www.mint.go.jp/operations/exam/operations_certification-01.html



この記事の著者

ログイン・無料会員登録