イタリア伝統菓子の新ブランド「Gelsomina」が、阪神梅田本店に日本初出店

更新日:2022年4月7日 / 公開日:2022年4月7日


圧倒的な品揃えと専門性を誇る阪神梅田本店地下一階「阪神食品館」に、4月6日(水)、新ブランド「Gelsomina(ジェルソミーナ)」がグランドオープンした。

Gelsominaについて

日本初出店の「Gelsomina」は、イタリアの伝統菓子を、それぞれの地方にまつわる物語や文化とともに味わってもらう新しいお菓子のブランド。大地の香りあるイタリアの小麦粉、豊潤な美味しさを作ってくれるバターと香ばしいピーナッツオイルを使い、思いのあるお菓子を作る、それが同ブランドの願いだ。イタリアの古い映画の主人公「ジェルソミーナ」のように、無垢で純粋でありたいという思いが込められている。

イタリアの歴史・文化を伝統菓子で表現

イタリアの地方菓子には、その土地土地に様々な物語や伝統がある。


南イタリア、シチリア州の伝統菓子「パンテッレリア」6個入/1,080円(税込)~は、特別な型を使って油で揚げる素朴なお菓子。


北イタリアロンバルディア州にあるおしゃべりという名の伝統菓子「キアッキエレ」4個入/972円(税込)~は、毎年のカルネヴァーレ(謝肉祭)で楽しまれている。

同店では、その土地にある歴史・文化に学びながら、心に残るお菓子を目指している。


そのほか、様々な個性を詰め合わせた「テゾーロ・ロッソ」24個入/2,484円(税込)~なども用意されている。

日本初出店となるイタリア伝統菓子の新ブランド「Gelsomina」をチェックしに、阪神梅田本店を訪れてみては。

■Gelsomina
場所:阪神梅田本店 地下一階「阪神食品館」洋菓子ワールド内
※営業日・時間は阪神梅田本店に準ずる



この記事の著者

ログイン・無料会員登録