神奈川県の柑橘類とスパイス、サトウキビ100%の「横浜クラフトコーラ」が誕生!

更新日:2022年4月8日 / 公開日:2022年4月8日


神奈川県横浜市中区でスープカレーKIFUKUを営む岡野店主が、“スパイスの技術から環境に優しく、身体にも優しく、神奈川県の魅力を発信出来ないか”と考えた末、神奈川県の柑橘類とスパイス、サトウキビ100%の「横浜クラフトコーラ」を作り、横浜クラフトコーラ公式ホームページなどにて販売中だ。

素材の旨味を閉じ込めたクラフトコーラ


「横浜クラフトコーラ」2,640円(税込)/RTDタイプ(炭酸入り)540円(税込)は、神奈川県産の小田原産レモンと湘南ゴールドに、アフリカ原産のコーラの実やカルダモン、ナツメグ、シナモンを含んだ10種類のスパイスで風味豊かに素材の旨味を閉じ込めたクラフトコーラ。


本物のコーラの実や多くのスパイスから生み出されたコーラであり、湘南ゴールドの爽やかさと旨味、小田原レモンの強い香りと清涼感が鼻を抜け、コーラの実とスパイスの上品な香りが全体を包み込んでくれる。

また、スープカレーKIFUKUのスパイス技術を利用し、子どもから老若男女問わず、飲みやすさに重点を置き、喉ごし、舌触り、深い素材の味わいと後からくるスパイスの香りと旨味を引き出している。

その技術により、香料を含む食品添加物は不使用のため、安心して飲むことができるのも嬉しいポイントだ。

地元農家のレモンと湘南ゴールドを使用


同商品の大切な原料である小田原産のレモンと湘南ゴールドは、小田原レモン農家として300年続く秋澤さんの農園で減農薬特別栽培法にて育てられている。


秋澤さんの農園は、“子供にも安心して食べさせられる”をキーワードに掲げ、可能な限り農薬を使用せず(減農薬)、動植物たちと共生して自然のしくみに逆らわない有機栽培による農業を行っている。

料理にも活用できる

「横浜クラフトコーラ」は、「横須賀市おみやげアイデアコンテスト2021」にて審査員会特別賞を受賞。また、横浜市のお土産ブランドである、横濱001に認定されたほか、県内初のクラフトコーラとして横浜市のふるさと納税返礼品にも選ばれている。

さらに同商品は、横浜クラフトコーラカクテルやホットコーラまたは、料理にも使うことができる。横浜クラフトコーラ公式ホームページにてレシピを公開しているので、気になる人はチェックしてみよう。

香料を使わずスパイスから手間暇をかけた、身体にも環境にも優しい「横浜クラフトコーラ」を、この機会に試してみては。

横浜クラフトコーラ公式ホームページ:https://yokohama-craftcola.com/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録