「築城400年記念御城印」が、4月6日の『城の日』に販売開始!

更新日:2022年4月8日 / 公開日:2022年4月8日


令和六年(2024年)に築城400年を迎える島原城。記念御城印を毎年4月6日(城の日)に、限定400枚の販売を開始した。

島原城は2024年に築城400年


島原城は、1618(元和4)年から、奈良五條から転封した松倉豊後守重政公が、約7年もの歳月をかけ1624(寛永元)年頃に完成、2024年には築城400年を迎える。

築城400年を迎えるにあたり、2020年4月6日(月)の「城の日」より、2024年までの5年間各年400枚の限定で記念御城印を販売中だ。


御城印の文字どちらも、福岡在住の書道家井上龍一郎氏の書を用い、紙には長崎市の平和公園に手向けられた千羽鶴を使用した再生紙を使用している。

また、観賞用の専用台紙には毎年違う島原城内の古地図をあしらった作りとなっている。

朱印については、島原城歴代藩主の家紋をあしらい、購入者に直接押印してもらう。また、記念御城印の売上の一部を長崎平和推進協会の平和関連事業へ寄付する。なお、通常版は家紋と島原城天守閣が印刷されている。

記念御城印販売に併せ、通常版の御城印も同日販売を開始。通常版については数量の限定はなく、天守閣へ登閣してすべての人が購入できるものとなっている。

販売場所

「築城400年記念御城印」は、島原城天守閣券売所で9:00~17:30の開館時間内での販売となる。ただし、数量達し次第販売終了となる。また、夜間イベント(夜の陣等)での販売は行っていない。

価格は、「島原城築城400年記念御城印・島原城御城印(通常版)セット」で1,500円(税込)。また、「島原城御城印(通常版)」の価格は300円(税込)となっている。

島原城入館券購入者1名につき1枚販売

「築城400年記念御城印」は、島原城入館券購入者1名につき1枚販売となる。購入時に入館チケット(ポストカード)を確認する。

その他詳細は島原城へ問い合わせを。

「築城400年記念御城印」は限定400枚なので、気になる人はお早めに。

■島原城
住所:長崎県島原市城内1丁目1183-1
公式サイト:https://shimabarajou.com/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録