『生姜とにんにく香る鶏唐揚げ』が「第13回からあげグランプリ」にて金賞受賞

更新日:2022年4月19日 / 公開日:2022年4月19日


トライアルホールディングス傘下の明治屋は、自社ブランド「こはく本舗」が手がける『生姜とにんにく香る鶏唐揚げ』100g/99円~が「第13回からあげグランプリ」の「西日本スーパー総菜部門」にて金賞を受賞したことを報告した。

「第13回からあげグランプリ」で表彰

あらゆる部門の料理専門家や職人と連携しながら、『食のプロ』が持つレシピやアイデアなどを活かしたお総菜を提供する明治屋「こはく本舗」の『生姜とにんにく香る鶏唐揚げ』。

そのこだわりの旨みと求めやすい値段から、ブランド内でも最も売れる商品として日頃から多くの人々に愛され、「第13回からあげグランプリ」にて表彰された。2021年の『うまみ醤油からあげ』の受賞に続き、2年連続金賞受賞となる。

何個でも食べたくなる味わいに

『生姜とにんにく香る鶏唐揚げ』こだわりの秘密は、醤油と出汁によるパワーアップした味付けだそう。醤油メーカーとのコラボ開発により、より原料を深堀りして醤油を使い分けたり、出汁の風味を出せるようにメーカーとやりとりを重ねたりして仕上げられている。

また、ユーザーに好評だったという昨年の『うまみ醤油唐揚げ』の焼きあご出汁、煮干しエキス、日高産昆布エキスを用いたクセのない旨味に、今回はオイスターエキスで少しコクを与えたという。誰にでも食べられるような味付けになり、何個でも食べたくなる味わいにパワーアップしている。

受賞コメント

同社代表取締役社長、大塚長務(おおつか・おさむ)氏は「明治屋では、スーパーでお買い上げ頂いたお客様がどんなシーンでも美味しく召し上がって頂けることを常に目指して商品開発しております。今回金賞を頂いた「生姜とにんにく香る鶏唐揚げ」は家庭で家族みんなが美味しいと思えるような、誰にでも食べられる、何個でも食べられる味を意識して開発しました。今後もお客様に喜んで頂ける商品作りに励んで参ります。」とコメントした。

「からあげグランプリ」について


日本唐揚協会による「日本で一番うまい揚げ屋さんはどこ!?」。本当に美味しい唐揚げを決めるべく2010年より毎年開催している人気投票企画だ。

「第13回からあげグランプリ」の「西日本スーパー総菜部門」にて金賞を受賞した、『生姜とにんにく香る鶏唐揚げ』を試してみては。

販売店舗:九州地方106店舗+山口県11店舗+広島県1店舗+島根県2店舗(計120店舗)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録