女性の約6割がお弁当を手作り! お弁当に入れるおかず、みんなはどうやって準備している? 

更新日:2022年4月20日 / 公開日:2022年4月20日

マイボイスコムは、全国の男女を対象に実施した「弁当」に関するインターネット調査の結果を発売しました。お弁当を食べる人は8割で、特に多い年代は男性50代であることがわかりました。

冷食の活用や当日におかずを調理・準備する人が多数

お弁当を食べるか尋ねたところ、全体の8割弱が食べると答えました。頻度を尋ねると、「週1日以上」と回答した人は4割でした。男性は4割強、女性は3割強です。男性や若年層ほど高くなっていることがわかりました。

お弁当を食べる人に、どのように準備することが多いかを聞いてみると、「購入したお弁当を食べる」が8割強でした。「スーパーで購入」(51.8%)が多く、「コンビニエンスストアで購入」「弁当店・惣菜店など専門店で購入」が4割前後となっています。「自分で作る」は24.3%、「家族が作る」は17.7%でした。

お弁当を購入する場面について聞くと、「食事の準備をする時間がない」(39.2%)が多く、「すぐに食べたい」「食事の準備や後片付けが面倒」「短時間で食事を済ませたい」が各3割弱で続きました。「安く済ませたい」は男性、「食事の準備をする時間がない」「食事の準備や後片付けが面倒」は女性で高い傾向にあります。

自分でお弁当を作ることがあるか聞いてみると、全体の4割弱が「ある」と答えました。性別で見て見ると、男性2割弱、女性6割弱です。週1日以上作る人は全体で2割弱、性別でみると男性8%、女性3割強でした。週1日以上作る人は女性30~50代で高くなっています。

自分で作るお弁当のおかずの準備方法について尋ねると、「冷凍食品」「手作りのおかず:お弁当用に当日に調理・準備したもの」が5割強、「手作りのおかず:夕食・朝食などの残り物を利用」「手作りのおかず:お弁当用に前日に調理・準備したもの」が各40%台でした。

自分でお弁当を作る理由について聞くと、「食費の節約」(50.5%)が最も多くなりました。「手作りの方がおいしい」(24.8%)、「好きなものを食べられる」(23.2%)、「家族のため、家族の要望」(23.0%)が各2割強で続いています。女性では「家族のため、家族の要望」の比率が高く、「食費の節約」は女性若年層で高い傾向にありました。

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター 【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ) 【調査時期】2022年03月01日~03月05日 【回答者数】10,068名 【設問数】7~9問(自由回答の設問1問を含む) ローデータには約30項目の登録属性が付与 【調査機関】マイボイスコム株式会社

マイボイスコム http://www.myvoice.co.jp

(マイナビ子育て編集部)


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録