【ラベンダーカラーのネイル】で透明感のある手元へ

更新日:2022年4月21日 / 公開日:2022年4月21日

ネイルの好みは人それぞれありますが、いつも同じようなカラーを選んでいたり、似たような雰囲気になっていたりして、今までと違うネイルにトライしてみたい!というときはありませんか?そんなときにオススメなのが、ラベンダーカラー。ほんのり紫がかった透明感のあるラベンダーは、透き通った肌に見せてくれる効果が期待できます。また、デザインによりセクシーな雰囲気になったり、可愛らしいイメージになったりするので、お好みの仕上がりにしてみてください。早速デザインを見ていきましょう!

ワンカラー

via itnail.jp

くすみ系のむらさきとピンクでまとめて、可愛らしいイメージに。どちらのカラーも透明感があるので、キレイな手元に魅せてくれます。Cカーブのゴールドパーツやシェルも加えて、程よく華やかさもプラスして。

via itnail.jp

落ち着きのあるシルバーラメ×ラベンダーに、メタリックアートを加えてセクシーな仕上がりに。指先にアートがあると、細長くすらっと見える効果も◎。大ぶりのアクセサリーとも相性がよいので、ゴージャスなリングが多い方は是非トライしてみてください。

via itnail.jp

左右で違うカラーを楽しめるデザイン。つるんとした艶々カラーをベースに、ラメや蝶々アートで春らしさも演出。派手過ぎるのは避けて、程よく華やかさが欲しいという方にオススメ。

via itnail.jp

マグネットジェルやクリスタルピクシーで、キラキラに。通常のラメやラインストーンとは違う輝きで、周りの人と差をつけた手元へ。マグネットジェルを落ち着きのあるカラーにすることで、クリスタルピクシーの光りを引き立てた引き算ネイル。

グラデーション・フレンチ

via itnail.jp

さりげなくラベンダーカラーを取り入れたい方に人気なのが、グラデーション。先端だけに塗ることでカラーの主張が控えめになり、むらさきに抵抗がある方でもトライしやすいはず。グラデーションの幅はお好きなようにチェンジできるので、爪の真ん中から始めたり、もう少し根元側からカラーを乗せてむらさきの面積を増やすこともできますよ。

via itnail.jp

斜めフレンチに曲線のゴールドラインを足して、エレガントな仕上がりに。ゴールドを入れることで、やさしい色合いに締まりとゴージャス感がプラスされます。この画像のようなピンクがかった柔らかいむらさきカラーであれば、肌馴染みも良く、どの年代の方にもオススメ。

via itnail.jp

梅雨の時期にマッチしそうな、寒色系のグラデーション。ブルーやむらさきでも、透明感のあるカラーであればキレイめな仕上がりに。落ち着いたイメージを与え、気持ちも安らぎそう◎貝殻のように光るシェルのアートを1本ずつ入れて、大人シンプルネイルに。

ニュアンスアート

via itnail.jp

同じラベンダーカラーを使っていても、合わせるカラーやアート次第でこのようにクールなイメージにも!濃いむらさきで作るニュアンスアートに、シルバーのミラーパウダーをランダムに加えてアクセントにして。

via itnail.jp

透け感やオーロラ好きにはたまらない、マーメイドのような雰囲気のデザイン。乳白カラーをベースに、ラベンダー・ピンクをところどころに入れ、最後にオーロラパウダーを施してなんとも可愛い色合いに。さりげなく輝くオーロラや、この世界観に癒されるはず♡


Itnail編集部


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録