PAPLUSを製造するカミーノが「Turret COFFEE」とコラボを開始

更新日:2022年5月4日 / 公開日:2022年5月4日


カミーノは、「Turret COFFEE(ターレットコーヒー)」に、同社のPAPLUSプラスチックフリータンブラーの提供を開始した。

PAPLUSプラスチックフリータンブラー


同タンブラーは、古紙と植物由来生分解性樹脂のポリ乳酸を主原料とすることで天然成分を93%にまで高めつつ、日常使用に耐えうるよう120℃の耐熱性を実現したもの。不用になった場合にはカミーノのリサイクル窓口に返送すると再原料化され、新たな製品として生まれ変わることが可能だ。同タンブラーは、ターレットコーヒー店舗での飲料の提供に利用されるほか、店頭販売およびカミーノの運営するPAPLUSオンラインショップでも販売中だ。

PAPLUSについて


PAPLUSは、紙とトウモロコシのでんぷんから作られる植物由来生分解性樹脂の代表格であるポリ乳酸(PLA)を原料として作られた、プラスチックフリーの環境配慮型素材。同製品が破損したり、不用になった際は回収し、再製品化が可能で、その内容をオフィシャルサイト上でトレースすることが可能。また、回収されず焼却されたとしても、PAPLUSは植物成分を86%~99.5%有するカーボンニュートラルな素材であり、従来の石油由来プラスチックに比べ約80%CO2の排出を削減することが可能(※)。

カミーノについて

カミーノは、紙をベースにした従来型プラスチック代替素材および製品を企画開発するベンチャー企業。脱炭素、ゼロウェイストが声高に叫ばれる昨今、製造から廃棄に至る製品ライフサイクルを通して、環境負荷の低い素材を使うことが求められている。同社は、使い捨て製品に溢れた社会から、環境に良いものを大事に長く使い、使い終わったものは捨てずに再利用・再製品化する循環型社会形成の一助となるべく事業を展開している。

ターレットコーヒーについて


Turret COFFEEは、2013年10月に築地にオープンして以来、コーヒー豆を通常の3倍使用し、雑味なく濃厚で味わい深いエスプレッソがコーヒー愛好家の間で話題となった。VOGUEやFIGAROなどのファッション誌をはじめ、ニューヨークのコーヒーカルチャー専門誌DRIFTや海外のメディアでの紹介されることも。ハリウッドスターやミュージシャンをはじめ、数多くの著名人がお忍びで訪れるスポットとなり現在に至っている。2021ASIATop80および2021食べログ100名店等に選出。

PAPLUSオンラインショップでも購入できる、PAPLUSプラスチックフリータンブラーをチェックしてみては。

PAPLUSオンラインショップ:https://shop.paplus.jp/

(※)カーボンフットプリント比較・カミーノ調べ



この記事の著者

ログイン・無料会員登録