岡山大学が特別公開講座“Karen Hill Anton「国境と文化を越えて、家を創る」”を開催

更新日:2022年5月9日 / 公開日:2022年5月9日


岡山大学の「教育推進機構外国語教育部門」では、特別公開講座“Karen Hill Anton「国境と文化を越えて、家を創る」”を、岡山大学津島キャンパス一般教育棟A棟にて、5月19日(木)に開催する。

講師は中日新聞等で人気コラムを連載するアントン氏


講師を担当するのは、カレン・ヒル・アントン(Karen Hill Anton)氏。

同氏は、“The Japan Times”の人気コラム「クロッシング・カルチャーズ」と中日新聞の「アナザー・ルック」を15年にわたり執筆してきた。また、小渕恵三・橋本龍太郎両首相の「国際化・社会構想諮問委員会」に招聘され委員を務めた経験もあるという。

世界を旅して現在は静岡に居住

ニューヨーク出身のアントン氏は、バイリンガル・バイカルチャーの4人の子どもを育て、書道で二段を取得し、1974年から静岡の田舎に居を構えている。著書には、受賞歴のある回顧録『The View From Breast Pocket Mountain』がある。

同氏は、1965年に世界旅行という豊かな体験の扉を開いて、アメリカを出発しヨーロッパを旅した。その後も、旅の扉は閉ざされることなく続き、1974年、アムステルダムからアフガニスタンまで1年間かけて旅をした後、日本へ到達したそうだ。

参加費無料、先着180人の受付

同氏は、「私たちの人生は、様々な試練に満ちています。文化、民族、国籍を超え、共通の人間性を浮き彫りにするために、学ぶことの大切さについてお話します。」とコメントを寄せている。

講義の言語は英語となり、参加費は無料。申込受付は5月17日(火)までで、誰でも申し込むことができ、先着180人の受付となる。

複雑な世界情勢のいまこそ、世界の多様な文化に目を向けたいもの。このようなイベントはそのきっかけになってくれるかもしれない。

■講義概要
【日時】5月19日(木)16:30~18:30
【会場】岡山大学 一般教育棟A棟 2階 A21教室
【住所】岡山県岡山市北区津島中2-1-1 岡山大学津島キャンパス
【詳細】https://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id2864.html
【申し込みリンク】https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSftQo92x02QYFsjp9hW4rqf6Sr6idG9MQ8QlKPEo9ShPV9rgg/viewform



この記事の著者

ログイン・無料会員登録