読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠超初期はおりものも変わる? 妊娠時の変化と注意したいおりもの

このコラムにありがとう

目次

女性を悩ます、デリケートな生理現象のおりもの。その量や色などは体調や生理の周期などによって変化するといわれていますが、妊娠超初期の時期にも変わることがあるようです。妊娠超初期におりものがどう変化するのか、また妊娠時以外にも注意したいおりものの変化についてご紹介します。

この記事の監修ドクター 藤東クリニック藤東淳也先生 女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、 女性のライフサイクルを応援します。 https://fujito.clinic

おりものの基礎知識

497325667

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おりものとは、体の中で一体どんなことが起こっているのか、またその役割は何なのか、実はよく分からないいう人も多いのではないでしょうか。自分の体のことを改めて見直すためにも、おりものについての基礎知識を学んでおきましょう。

おりものの役割

おりものとは、子宮頸管や腟から出ている分泌物がまじり合った粘り気のある液体です。腟のうるおいを保つことで性行為の際の痛みや不正出血を防ぎ、排卵期には精子を子宮へスムーズに送りやすくするという働きがあります。また同時に、子宮内に細菌などが入らないように防ぐ、腟の自浄作用と呼ばれる大事な役割ももっています。

生理周期とおりものの変化

おりものは女性ホルモンの影響を大きく受けているため、生理の周期に合わせて色や粘り気、量、においなどに変化がみられます。個人差はありますが、一般的には生理が終わるとだんだん量が増え、排卵の時期に最も多くなります。粘り気も増え、透明なゼリー状になっていきます。排卵の後はまた量が減っていき、粘り気のある黄色がかった白色に変わっていきます。その後、生理前になると量が増え始め、次の生理を迎えるという流れになります。

<生理直後> 生理が終わった直後は、残った血液とまじり茶色から褐色がかった色の場合があります。その後、量や粘り気が少なくなり、サラサラしたおりものになります。

<排卵期> 量、粘り気ともに最も多くなる日が2~3日続きます。色は透明でゼリー状、個人差はありますがにおいはそれほど強くありません。場合によっては排卵期出血で、ごく少量の血液が混じることがありますが、一過性のものであれば正常な生理現象で心配はありません。

<黄体期> 排卵期を過ぎると少しずつ量が減り、白っぽい粘り気のあるおりものがみられるようになります。下着について乾いた状態では黄色っぽく見えることもあるでしょう。

<生理前> 生理前になると、また量が増え始めます。色は白っぽく、においが気になってくるのもこの時期です。生理の数日前には少量の血液が混じることもあります。

非妊娠時の正常なおりものの状態とは

妊娠していない通常時のおりものの状態は、一般的には無色透明かクリーム色がかった白色です。下着について乾いた状態になると黄色っぽく見える場合もあります。においはすえたような、生臭いようなにおいがするのも特徴です。量は個人差が大きく、ほんの少量の場合から下着が濡れるくらい多い場合もあります。気になる場合は下着をこまめに取り換えたり、パンティーライナーなどを上手に利用すると良いでしょう。

ただし、おりものは女性ホルモンの分泌によって変化するので、妊娠はもちろん、年齢やその時々の体調によって色や量、においも変化するものです。個人差も大きいので、量やにおいに必要以上に過敏になることはなさそうです。大切なことは健康時の自分のおりものの状態をしっかり把握しておくこと。そうすれば何か起こった際に「いつもと違うな」と体のサインに気づきやすくなるでしょう。

妊娠超初期のおりものの変化

509353230

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性ホルモンの変化と密接な関係にあるおりもの。人によっては妊娠超初期に、おりものに変化が生じることもあるようです。

妊娠超初期はおりものも変わる?

妊娠すると、女性ホルモンである エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えます。その影響によって、おりものの量が増えることがあるようです。また、妊娠して生理がなくなったことでおりものによる自浄作用の働きが強まり、量が増え、においを強く感じるケースもあるようです。しかし、それら変化によって妊娠だと自己判断することは難しく、妊娠以外の原因で引き起こされている症状のこともあります。妊娠によるものかはどうあれ、普段と違うなと感じるようであればまず一度、婦人科に相談してみると安心です。

気をつけたい妊娠超初期のおりものとは

妊娠超初期では、お腹の痛みと同時に出血の混じった分泌液がたくさんあった場合には注意が必要です。万が一の場合、切迫流産や稽留流産などの場合も考えられます。少し休んでも腹痛や出血が続く場合や、あまりにも多い出血を伴う場合には産婦人科で相談するようにした方がよいでしょう。

また、濃い黄色や緑がかったおりものや、時間がたった出血跡のような茶、黒色っぽいおりものが下着についている場合、外陰部がただれてしまったり、かゆみが強い場合にも注意が必要です。妊娠すると肌や粘膜が通常より過敏な状態になり、トラブルが起きやすくなっています。入浴時などにやさしく洗い流すなどの対処をしましょう。ただし、清潔を保ちたいばかりに石鹸で洗いすぎるとただれが余計にひどくなってしまうこともあります。気をつけましょう。

着床時もおりものは変わる?

503313540

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

卵子と精子が出会い受精卵となり、子宮内膜の一部に根づくことをいわゆる着床といい、妊娠が成立したことになります。着床時にはおりものにも変化が現れます。

おりものの量の変化

おりものには女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の働きが大きく影響しています。受精卵が着床しないと、生理が近づくにつれておりものの量は減少傾向になります。しかし、着床すると「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増加し、それにともないおりものの分泌量も増加することがあります。また、比較的粘り気のないサラッとした状態になる人もいます。

おりものの色の変化

着床したことによっておりものの量や粘り気のほか、色の変化を感じることもあります。個人差はありますが、一般的に妊娠していない状態だと無色透明だったものが、着床することによって白、あるいは黄色がかった色になったり、人によっては着床出血と呼ばれる微量の出血によって茶色っぽいおりものになる場合もあります。この着床出血は2~3日で止まるのが一般的です。長く続いたり、出血の量が多かったり、腹痛をともなう場合は、異所性妊娠(子宮外妊娠)による出血やその他の病が隠れている場合もありますので、病院で診てもらうようにしましょう。

着床時の変化に早く気付くために

着床時におりものの変化がみられる人、あまり見られない人、色や粘り気などその変化の様子には個人差があり、感じ方もひとそれぞれです。普段は酸っぱいようなにおいだったのが、着床後は無臭になったという人もいます。大切なのは自分のふだんのおりものの状態を常日頃からしっかり観察しておくことです。「あれ?いつもと違うな」という気づきが、着床はもちろんその他の病気に早く気付くためのきっかけになるはずです。

妊娠以外でもおりものは変化する

477546355

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性ホルモンとの深いかかわりのあるおりもの。妊娠以外で現れる、おりものの変化を見ていきます。

ストレスや疲れで変化する

人は、仕事や家事、人間関係などさまざまな要因で大変なストレスに日々さらされていたり、過労で体が疲れていたりすると、免疫力が低下してしまいます。免疫力が低下すると風邪などの病気にかかりやすくなることはもちろん、ばい菌の侵入をふせぐための腟の自浄作用も低下してしまいます。自浄作用が低下すればおのずと細菌は増え、腟内に炎症が起きやすくなります。たとえば細菌性腟炎にかかると、おりものはいわゆる風邪をひいたときに出るあおっ鼻といわれるような黄色っぽい色になります。また、カンジダ腟炎にかかると、ぽろぽろしたカッテージチーズ状のおりものになり、外陰部に強いかゆみを伴うようになります。

病気が隠れていることも

妊娠や疲れ、ストレスによる変化のほかに、病気が原因となっておりものに変化が生じる場合もあるので注意が必要です。たとえば何らかが原因で細菌に感染してしまうと、黄色や黄土色のおりものになることがあります。腟トリコモナス症の場合は、黄色、もしくは黄緑色っぽいおりものの状態となり、ときには泡が混じるケースもあります。また、においがきつくなったと感じることもあります。

外陰部のかゆみを伴うことも特徴です。淋菌感染症、性器クラミジア感染症、非特異性腟炎、骨盤腹膜炎などでは、おりものが白あるいは黄色、なかには膿のような状態になることもあります。あわせて腰痛や下腹部痛、発熱が症状として現れることもあり、病院にかかる必要があります。 その他、出血や下腹部痛を伴う場合には子宮頸癌や子宮体癌の恐れもあります。色が普段と違う、悪臭がする、出血が続くなどのことがあれば自己判断せず、病院で受診するようにしましょう。

まとめ

おりものは、においや量など不安なことがあっても、デリケートな問題がゆえになかなか気軽に人に相談できるものでもありません。しかし、おりものは個人差が大きく、体調や生理周期の影響などもあるので、多少の変化はそれほど神経質にとらえる必要はないようです。一方でおりものは、着床時や妊娠以外にもストレスや過労、病気などで変化することがあります。生理周期などとあわせて普段の自分のおりものの状態や変化のパターンを知っておくことは、いちはやく自分の体の変化に気づく有効な手段になります。自分の体をまもるためにも、まずはできることから始めてみましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年3月14日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録