自宅でグルメ旅「日本のお米を味わう第2弾」開催!丹波篠山の米を使った弁当が販売

更新日:2022年5月15日 / 公開日:2022年5月15日


福島県を中心にスーパーなどを展開するマルトは、米農家の応援と米の消費拡大を目的とした「おうちでグルメ旅【日本のお米を味わう】キャンペーン第2弾」を期間限定で開催する。

朝晩の寒暖差が大きな丹波篠山

第2弾の開催となる5月は、兵庫県丹波篠山市「JA丹波ささやま農業協同組合」推奨の「丹波篠山コシヒカリ」を使用した弁当を販売。

丹波篠山市は、丹波黒大豆の発祥の地として有名な産地で、特産物としては丹波栗や丹波松茸などが挙げられる。南北が500~700メートルの山々に囲まれた盆地で、朝晩の寒暖差が大きな地域だ。

甘くて粘り気があり、冷めても美味しい


そうした丹波篠山の独特な気候風土が作り出す「丹波篠山コシヒカリ」をは、米一粒一粒に旨味が凝縮されている。甘くて粘り気があり、冷めても美味しいのが特徴。弁当で味わうにはぴったりの味わいだ。

「丹波篠山コシヒカリ」をを通じて、日本のグルメ旅気分を楽しんでみて。

■「おうちでグルメ旅【日本のお米を味わう】キャンペーン第2弾」概要
キャンペーン期間:5月16日(月)~22日(日)の7日間
販売店舗:マルト全店



この記事の著者

ログイン・無料会員登録