生産農家×料理人がつくる!旨味をぎゅっと閉じ込めた“ごはんのおとも”発売

更新日:2022年5月17日 / 公開日:2022年5月17日


リッシュから、生産農家×料理人がつくる“ごはんのおとも”ブランド「ごはんのおとも専門 おともや」が発売されたので紹介したい。

安心・安全なごはんのおともを追求


「ごはんのおとも専門 おともや」は、関西を初め西日本エリアの生産者の「肉・魚・野菜」食材を使用し、安心・安全なごはんのおともを追求。


“西日本の美味しい食材を何とか知ってもらいたい”という想いのもと、本当はいい食材なのにその良さを知る機会がない為、食べてもらえない食材、食味は変わらないのに見た目が悪いから捨てるしかない食材などをどうにかして活かせないかと考え、『ごはんのおとも』として誕生した。

昨今のフードロス問題にも貢献


「おともや」では、生産者のもとへ実際に足を運んで目利きを行い、食材を厳選。

捨てるしかない食材や、良さを秘めている食材などを積極的に活用し、昨今のフードロス問題にも貢献できるのではないかと考えている。

食材本来の味を届けるための「真空調理」


また「おともや」のごはんのおともは、フレンチ出身のシェフがひとつひとつ手作りにて季節によって変わる食材本来の味を届けるために、「真空調理」を採用。


食材を調理後真空パックして殺菌加熱の後冷凍保存をしている。

通常ごはんのおともは高温加熱殺菌をすることでフレッシュ感が損なわれてしまうが、「おともや」は、早めに食べてもらうことを前提に、冷凍を行い食材のフレッシュ感や出来立ての味を届ける。

お米の美味しさを改めて感じられる商品構成


「おともや」で扱っているのは、長期肥育を行う月5頭しか出荷できない希少純粋黒毛和牛を使った「“とろける”なにわ黒牛のすき焼き」1,280円や、


長い肥育期間で旨みの濃い豚肉に育てた「芋育ちの四万十ポークの味噌坦々」880円、


大阪を代表するブランド食材を使用した「大阪もん詰め合わせ」4,000円など。

「おともや」のごはんのおともを通じて、お米の美味しさを改めて感じられる商品構成となっている。

調理は解凍するだけ!


商品は真空パックで梱包されているので、冷蔵庫または流水で解凍するだけでOK!加熱済みの商品のため、そのまま温かいごはんに乗せて味わうことができる。

しっかりとした味付けがされているので、パンや、パスタ・うどんなどと絡めて楽しむのもオススメだ。


「おともや」をきっかけに、食材を知り、地方の良さ・食文化・それ以外の文化にも触れてみては。

「おともや」公式オンラインサイト:https://ec.otomoya.net/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録