冨井弥樹個展「回折する種 -Diffracting seeds-」が富山県美術館内レストランで開催中

更新日:2022年5月23日 / 公開日:2022年5月23日


「アートとイート」をテーマとする富山県美術館内レストラン「BiBiBi&JURULi-ビビビとジュルリ-」は、関連会社アトムが若手アーティストの支援活動として開催する「A-TOM ART AWARD2021」の特別賞として、アーティスト冨井弥樹氏の個展「回折する種 -Diffracting seeds-」を5月17日(火)~27日(金)の期間で開催中だ。

陶器のような質感をもつガラス作品たち


「A-TOM ART AWARD 2021 特別賞」を受賞した冨井氏は、伝統的なガラス工芸技法を応用し、ガラスに土を混入させて陶器のような質感をもつ立体作品を制作する現代アーティスト。


冨井氏の扱うガラス作品たちは、我々がガラスと聞いて想像する透き通った透明感と異なり、まるで陶器や鉱物のような質感をもち、繊細に富山の大自然と呼応し、光の反射の中で様々な深みや表情を見せる。

回折する種 -Diffracting seeds-

今回は、冨井氏が東京藝術大学大学院ガラス造形研究所の修士課程を2022年に卒業した際に制作された3点と、「A-TOM ART AWARD 2021」で展示された作品を加えた。同展の作品は冨井氏が道端で拾った種子をインスピレーションに制作されている。生命の宿る植物の種子たちを拡大したような立体作品たちは、脆く刹那的な硬くひび割れる殻に覆われながらも、強い生命力を発していると言えるだろう。

まるで春に芽を出す風散布された種たちのように、光が作品たちを介して様々な色や影の形として空間を満たしていく(伝播する)現象をも冨井氏の作品の一部として堪能しよう。


冨井弥樹氏の個展「回折する種」を観に、「BiBiBi&JURULi」を訪れてみては。

■回折する種 -Diffracting seeds-
会期:5月17日(火)~27日(金) 11:00~18:00
休日:毎週水曜日(祝日除く)
レストラン内展示室への入場料無料
URL:https://bibibi-juruli.com/archives/445

■BiBiBi&JURULi-ビビビとジュルリ-
住所:富山県富山市木場町3-20 富山県美術館3階
営業時間:11:00~18:00(平日・土日) ランチL.O.14:30/レストランL.O.17:30
休日:毎週水曜日(祝日除く) ※美術館の休日に準ずる
URL:https://bibibi-juruli.com/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録