アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

すこやかに働くワークプレイス「Kant.」がオープン!カフェ&ミュージックバーも併設

/

目次


すこやかに働くワークプレイス「Kant.」が、東京・六本木にて、5月26日(木)にグランドオープンした。

急激に自由化・多様化した働き方

コロナ禍を経て、日本人の働き方は大きく変化した。特に東京都内においては、従業員30人以上の企業のテレワーク実施率は62.5%(※)と緊急事態宣言が明けても尚高い水準で維持しており、副業・パラレルワーカーとして働く人も増加している。

このように、急激に自由化・多様化した働き方に対して、同様に、働くワークプレイスの進化も求められている。

ワークラウンジやオフィスで構成


「Kant.」は、ワークラウンジ、オフィス、カフェ&ミュージックバーラウンジで構成される複合施設。

六本木徒歩1分という都心にいながら、自然を感じられる空間、人と交わすあたたかな会話や五感をひらく体験を通じて、「人としての健やかさを大切にした都市生活」の拠点となる。

なお「Kant.」は、音楽用語で“歌うように”という意味を表すcantabile(カンタービレ)を由来としている。

コーヒーや各種料理を用意

1Fのカフェ&ミュージックバーラウンジ「Common」では、バリスタが丁寧に淹れるスペシャルティコーヒーを販売。メインロースターとして、2021年春に東京・押上にオープンした焙煎所「BERTH COFFEE ROASTERY Haru」のコーヒー豆を使用する。


朝から昼にかけてのブランチタイムには、季節の野菜を使ったスープ、素材にこだわったサラダボウルなど、“季節の野草や香草を使用し、スプーンで楽しめるボウル料理”を中心に提供。ディナータイムには、“世界各地のスパイスを使用した国籍に囚われない料理”を提供する。

緑あふれる開放的なワークラウンジ


2〜3Fのワークラウンジ「Kant. WORK LOUNGE」は、緑あふれる開放的な空間。


オールフリーアドレスの2Fと、1名から利用できる固定席・固定ブースのプランを備えた3Fを、ワーク&ライフに合わせて柔軟に選ぶことができる。

募集プランは、フリーアドレス会員:BASIC 30,000円(税別)、固定デスク会員:UNIT DESK 40,000円(税別)、固定ブース:BOOTH 240,000円(税別)〜。

4〜5F・7Fはオフィス


また、4〜5Fは、企業ごとの個室区画が並ぶコーポレートフロアと、入居企業でシェアするワーカーズフロアから成る「Kant. co-office」。


7Fは、便利さとこだわりを両立するオフィス区画「Kant. build office」となっている。

定期的にイベントを開催


さらに「Kant.」では、すこやかなライフスタイルの実現に向けて定期的にイベントを実施。ヨガイベントをはじめ、


ミュージックイベントや、アートエキシビション、リテールエリアでのPOP-UP SHOP開催など、多様な企画を用意している。

■Kant.
住所:東京都港区六本木4丁目8−5
オフィシャルサイト:https://kant-tokyo.com/
Instagram:https://www.instagram.com/kanttokyo/

※ 2022年3月 東京都調べ



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録