"授業を持ち運んで旅する"新しい小学校! 徳島で「サテライトスクール2022 シーズン1」開催

更新日:2022年5月31日 / 公開日:2022年5月31日

エデューレエルシーエーは、一般社団法人ミライの学校と連携し、6月12日~17日まで、徳島県海部郡海部町で「LCAサテライトスクール2022 シーズン1」を開催します。

オンライン授業の合間に海を訪れて遊ぶ家族

保護者も一緒にワーケーション

同社では、学習指導要領に則りながら英語で授業を行う、日本初の株式会社立小学校「LCA国際小学校」を運営しています。

LCA国際小学校では「授業をポータブル化して持ち運び、家族と共に地方に出かけることを、学校が推奨する」という新しい学びのカタチをスタート。

例えば、ワーケーションのように、通常授業の期間中に自然豊かな地方に家族と出かけたり、オンラインで神奈川県の本校と繋ぎ、最先端の英語教育(アクティブ・イマージョン教育)を受講しながら、休み時間は広大な海や山で遊んだり……。地方で家族とゆったりとした時間を過ごしながら、放課後や特別授業で地域と繋がる新しい学校のカタチです。

徳島県のサテライトスクールから、神奈川県のLCA国際小学校の授業にオンラインで参加する児童

今回、LCA国際小学校は、ハイフレックス型授業として都会と地方を融合させる「サテライトスクール2022 シーズン1」を徳島県海部郡にて開催。期間中、午前は神奈川県のLCA国際小学校と繋いでオンライン授業。午後は保護者も交えて徳島でしかできないアクティビティを体験します。放課後は地元の小学生や地域の方々との交流し、多くの体験活動を実施します。

保護者の方もワーケーションを楽しめます

日本航空をはじめとする各種関係企業の協力を得ながら行うのが特徴。「徳島阿波おどり空港」では、JAL特別プログラムとして、空港の到着ロビーで子どもたちが英語のアナウンスを流したり、横断幕を持って滑走路で飛行機の見送りをしたり、手荷物の仕分け作業の見学を行います。

徳島阿波おどり空港

また、伝統的な灰汁発酵建ての藍染体験も行います。

藍染体験

実施概要

日時:6月12日~17日 場所:徳島県海部郡海陽町大里字北山下4-1海陽町サテライト・コワーキングセンター城山荘、ほか 徳島県海部郡牟岐町灘字下浜辺198-1モラスコむぎ、ほか。 対象:LCA国際小学校の参加希望者、児童20名及び保護者家庭(計47名)

エデューレエルシーエー https://lca.edure.co.jp/company

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク> ・タブレット学習で変わった! デジタル時代の親の役割とは?『小1の不安「これだけ!」やれば大丈夫です』

次世代型スキルを伸ばす!オンライン型「みらい&アカデミー 小学生ラボ」が9月に開校

誕生日に写真をアップしたいけど… SNSで個人情報を書き込むときの注意点『クイズでわかる 小学生からのネットのルール』


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録