妊娠中のシートベルト着用方法を解説するイラストレーションが公開中!

更新日:2022年6月2日 / 公開日:2022年6月2日


千葉大学発医療スタートアップ企業であるSmart119が、妊娠中のシートベルト着用方法を解説するイラストレーションを公開中。同資料は学校、企業、公共機関、町内会等で自由に配布・利用が可能だ。

妊娠中のマイカー移動での注意点

妊娠中のマイカー移動は、混雑や乗り換え、段差を乗り越えたりする機会が多い電車やバスなどの公共交通機関の利用と比較すると、ストレスが軽減されるというメリットがある。

とはいえ、マイカーにもリスクがないわけではない。妊婦さんとお腹の赤ちゃんを守るため、自動車乗車時のシートベルト着用が原則として義務付けられているが、正しい座り方、正しい着用方法を実践しなければ、万一の交通事故時に、お腹の赤ちゃんはもとより、妊婦さんの命を奪ったり後遺症の原因になったりすることがある。

妊婦さんは、お腹が大きくなってくるにしたがってハンドルやダッシュボードに腹部をぶつけやすくなるため、シートベルトの着用の仕方によっては、より大きな危険につながる可能性があるからだ。

妊娠中の正しいシートベルト着用方法を解説

今回公開されたイラストレーションでは、「正しい、妊娠中のシートベルト着用について」をテーマに、安心で健やかな妊娠中の自動車での移動のため、着席およびシートベルト着用のポイントをわかりやすく解説している。

着用方法のポイントは、まずはじめにシートの背もたれは倒さずに、しっかり深く座ること。

次に、肩ベルト、腰ベルトを着用する際は、腹部を横切らないように注意する。このとき、“肩ベルトは首にかからないように”“肩ベルトは、胸の間を通し、お腹の側面に通す”“腰ベルトは、お腹の膨らみを避けて、腰骨の低い位置で留める”ことも大切だ。

最後に、バックルの金具を差し込み、外れないか確認し、ベルトがねじれていないかも確認しよう。

なお、妊娠中の状態は、個人により異なるため、多胎妊娠など、シートベルトが着用できない場合は、かかりつけの医師に相談を。

この機会に、妊娠中のシートベルトの正しい着用方法について、イラストレーションで確認してみては。

印刷用資料ダウンロードリンク:https://smart119.biz/manga/000464.html

(株)Smart119 提供



この記事の著者

ログイン・無料会員登録