才賀紀左衛門、妊娠中の恋人・絵莉さんの重いつわりに「嘘やん」⇒「色々教えていただきめちゃくちゃ反省、自分が情けない」

更新日:2022年6月3日 / 公開日:2022年6月3日

格闘家の才賀紀左衛門さんのパートナー・絵莉さんが自身のブログを開設し、妊娠20週だという現在の様子を綴っています。

重いつわりに苦しむパートナーを……

才賀紀左衛門さんオフィシャルブログより

才賀紀左衛門さんは1日、かねてよりオープンに交際していたパートナーの絵莉さんとの間に新しい命を授かったことを公表。現在は妊娠6ヶ月に入っているそうです。また、二人は入籍はせず事実婚という形をとるとのこと。

そして3日、絵莉さんは新たに「才賀家の映えない日常」と題したブログを開設し、「これからは、才賀家の生活感満載の日常を更新していくつもりです。また、残り5ヶ月のマタニティライフの様子も綴っていきます。妊娠時代を懐かしむ方や、これから妊娠を控えている方、今妊娠中の方、妊娠に興味がない方も、男性の方にもぜひ読んでいただきたい!」と呼びかけています。

絵莉さんのブログでは「自己紹介」として、年齢やフリーランスのライターをしていること、趣味や特技などを紹介。また、妊娠20週ではあるものの全然お腹が目立つ方ではなく、「お腹があんまり出てこないんですが、もしかして、わたし骨盤が超広い安産型だからかしら?」とも綴りました。

絵莉さんのブログ「才賀家の映えない日常」より

絵莉さんのブログ「才賀家の映えない日常」より

妊娠がわかる少し前から体調が優れなかったという絵莉さん。しかし才賀さんは重いつわりに苦しむ絵莉さんを「嘘やん」と甘く見て、共通の知人女性との場で「絵莉は少しオーバーやと思うわ〜」と言ってしまったといいます。

すると知人女性は「サイガさん私はつわりがひどくて入院しましたよ」と一喝。才賀さんは「色々教えていただきめちゃくちゃ反省」「自分が情けない。はずかしくて顔上げれませんでした」と猛省し、それからは意識的に体を休めてもらうようにしているそうです。それに対して絵莉さんは「ありがとう。大丈夫だから自分の事は自分でして」と言っているそう。

また、お腹の子の性別について才賀さんが「僕は絶対男の子がいい!!」と熱弁すると、7歳の娘に「どっちでも可愛い!元気ならそれでいい」「パパ絶対とかダメでしょ!どっちでも可愛いの!」ときっちり叱られたそうです。

たとえ安定期でも妊娠中の無理は禁物

妊娠5ヶ月以降は「安定期」と呼ばれることがあるように、つわりに悩まされた妊婦さんも症状が落ち着き、流産のリスクも低くなってきます。 一方で、お腹が大きくなるのに伴ってマイナートラブルが起きやすくなりますし、当たり前ですが妊娠前と同じ体調というわけにはいきません。

ここでは妊娠中期に起こりやすい主なマイナートラブルを5つあげます。

(1)動悸・息切れ 妊娠すると、妊娠していないときに比べて心拍数は10回/分程度増加すると言われています。また妊娠中期ごろからは、心臓が1回の拍動で送り出す血液量が急速に増加するため、心臓に負担がかかるようになり、動悸を感じることがあります。

(2)貧血 貧血でも妊婦さんは無症状であることが多いといわれていますが、妊婦さんは血液の液体成分(血漿)の増加に比べて赤血球の数が不足することによって貧血になりやすくなっています。妊娠中の貧血のほとんどは鉄欠乏性貧血で、赤血球をつくる鉄が不足することが原因です。

(3)腰痛 お腹が大きくなるにつれて、腹部をせり出し反り返った姿勢になるため、腰の湾曲が大きくなり、腰や背中に痛みを感じるようになります。妊娠中期から後期にかけて症状が悪化しやすくなります。予防法としては長時間立ち続けたり座り続けたりしない、寝るときは硬めのマットレスにすることなどがあげられます。

(4)便秘・痔 妊娠初期から黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えること、大きくなった子宮が腸を圧迫することで便秘が起こりやすくなっています。それに伴い肛門周囲の静脈がうっ血して痔が出来やすくなり、妊婦さんの半数近くに痔が出来るといわれています。

(5)皮膚の痒み、その他のトラブル 妊娠中は基礎代謝がアップし、発汗が増えるうえ、ホルモンの影響もあって皮膚が敏感になり、痒みを感じやすくなります。症状がひどいときは、自己判断で市販薬を使わず、産婦人科や皮膚科を受診しましょう。

その他、頭痛、肩こり、むくみ、疲労感なども妊娠中期に感じやすい症状です。妊婦さんは脂肪分や塩分の摂りすぎに気をつけ、バランスの良い食事で栄養を摂りましょう。体調がよいときには簡単な運動をすると、代謝や血行が促進されリフレッシュもできます。

妊娠・出産は決して簡単なことではありません。パートナーや家族は、妊婦さんの心身を十分にいたわってくださいね。

<関連記事> ・赤ちゃんが新生児黄疸で退院できず……アルコ&ピース酒井さんの妻・矢端名結アナ「大泣きして目が腫れた」

あいのり桃さん、大学病院へ眼瞼下垂を疑っていた生後1ヶ月次男の診察結果を報告

吉木りささんが大人も楽しめる巨大プールを自宅に設置!「我が子、若干引いておりました」


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録