小ぶりなサイズが人気!ニュージーランド産“JAZZりんご”が6月上旬より全国販売

更新日:2022年6月5日 / 公開日:2022年6月5日


ニュージーランド・オークランドに本社を置くT&Gグローバル社は、ニュージーランド産「JAZZりんご」を6月上旬より期間限定で発売!

日本とニュージーランドの季節は逆のため、夏でも旬のりんごが食べられることで毎年人気が高まっているそう。今年も全国約2,500~3,000店舗のスーパーマーケットでの販売が予定されている。

「JAZZりんご」


「JAZZりんご」の品種は、T&Gグループ各社が所有する独自のブランドであり、登録商標を取得している。ニュージーランドで開発され、2003年の特許取得以来、人気が世界に広まった。

現在、「JAZZりんご」は両半球の10の地方の特別に選ばれた生産者によってライセンス栽培され、45カ国以上で販売されている。日本市場で販売されている「JAZZりんご」は、全てニュージーランド産だ。

「葉とらず栽培」で甘くジューシーな味

甘みと酸味の絶妙なバランスで、サクッとした食感があるため、そのまま食べてももちろん、サラダなどの料理にも多彩に楽しめる。


葉っぱをほぼ取らないで、自然のまま育てる「葉とらず栽培」で育てられており、ニュージーランドの夏の強い日差しを浴びた葉は、光合成が十分に行われ、りんごにたっぷりの栄養を与えるため、りんごはより甘くジューシーに仕上がるそう。

この栽培方法により「JAZZりんご」は、太陽の光を浴びた部分が赤くなり、葉の陰になる部分が黄色くなる2色のバイカラーとなる。


さらに、ワックスがかけられていないため、栄養分が含まれている皮まで食べられる。小ぶりのサイズのため、子どもも無駄なく食べきることができ、家族全員の健康的なおやつにピッタリだ。

夏のヘルシーなおやつに「JAZZりんご」を、食べてみては。

■JAZZりんご取扱い店舗(2022年5月時点)
エイチ・ツー・オー リテイリング、ララコープ(スミプロ福岡)、青森生協、イズミ、いなげや、エフコープ(スミプロ福岡)、エブリイ、オークワ(一部店のみ)、カスミ、クイーンズ伊勢丹、光洋、コープおおいた(スミプロ福岡)、コープみやざき(Farm Table)、サカガミ、サニーマート、サミット、澤光青果、サンエー、三和、成城石井、西友、せんどう、タイヨー、東急ストア、トライアルカンパニー、とりせん、ドン・キホーテ、仁科百貨店、ハート、ピーコック、FEEL、フードワン、ベイシア、ベニマル、ベルク、マックスバリュ関東、マックスバリュ東海、マミーマート、マルエツ、ヤオコー、ユナイテッドベジーズ、ユニバース、ゆりストア、イトーヨーカドー、ヨークマート、ライフ、ラピタ、りうぼう、ロピア、関西スーパー、紀伊国屋、京王ストア、京急ストア、京成ストア、玉出、小田急ストア、東武ストア、平和堂、万代、トップ

「JAZZりんご」詳細:https://jazzapple.com/jp/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録