ボトル1本で木を植える!地球にもやさしいエコボトルMotherの先行予約受付中

更新日:2022年6月10日 / 公開日:2022年6月10日


Rosepivoine Trade(ローズピヴォイントレード)は日本正規代理店「Mother Japan」として、アイルランドの「Decent Reusables社」が企画・製造・販売する「Mother Reusable『Urban Collection 2.0』」を、6月1日(水)12:00より、「Makuake」にて先行して独占販売を開始した。同プロジェクトは6月29日(水)18:00が終了予定だ。

商品の特徴



同商品は本体・パッケージは全てリサイクル素材で、ボトル1本で植樹プロジェクトに参加(エデン森林再生プロジェクトと連携)。



また、自然豊かなアイルランドのクリエイターがデザインした、カラフルでユニーク、ワンランク上のデザインも魅力的。保温・保冷に優れ、カーボンニュートラルな輸送で配送で、SDGsエシカルなライフスタイルにも貢献できる。

製品仕様



同商品のカラーは「Speltmelt(黒)」「Neo Hippy(赤)」「Earth Monkey(青×グレー)」「Birkenmocks(青×白)」で素材は、18/8食品グレードの防錆ステンレス鋼、銅の裏地とBPAフリーの蓋を備えた三重断熱ステンレス鋼構造。容量は500ml、重量は約325g、高さは、277mm、底の直径は、70mm、飲み口の直径はφ約30mm。保温効力は、約12時間で保冷効力は約24時間だ。

エデン森林再生プロジェクトと連携



同店で購入するたびに、ネパール、マダガスカル、ハイチ、インドネシア、ケニアなど、深刻な森林破壊の影響を最も受けている地域に植樹を行う。

同社は『エデン森林再生プロジェクト』と提携して、植林し、植林のための地元の労働者の雇用を支え、環境管理を通じて極度の貧困を緩和することに貢献している。

「Jarí Para REDD+計画外森林破壊回避プロジェクト」に出資


2020年10月、日本政府が発表した「2050年カーボンニュートラル宣言」では、2050年までに脱炭素社会を実現し、温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目標としており、同ボトルは、更に、輸送が生み出す全てのCO2排出量を相殺し、最終的な影響をゼロにすることに取り組んでいる。『Pachama』の監視技術を使用して検証される炭素基準認定プロジェクトである「Jarí Para REDD+計画外森林破壊回避プロジェクト」に出資している。

リサイクル素材のパッケージもオシャレ


底面にもロゴマーク「M」が、リサイクル素材でできたパッケージもオシャレ!包装紙に包まれてケースに入っているので、ギフトにもおすすめ。


同プロジェクトでは、超超早割・超早割・セット割など、Makuakeプロジェクトページ内にて最大33%引きの先行者割引特典を用意しているので、この機会に「Mother Reusable『Urban Collection 2.0』」をお得にゲットしてみては。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:豊穣な緑の国アイルランドから、あなたにも地球にもやさしいエコボトルMother



この記事の著者

ログイン・無料会員登録