アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ASEANについて紹介するウェブサイト「ASEANPEDIA」がリニューアル!

/

目次


日本アセアンセンターは、東南アジア諸国連合のASEAN(※)について、あらゆる角度から紹介するウェブサイト「ASEANPEDIA(アセアンペディア)」をリニューアルし、公開した。

「ASEANPEDIA」

「ASEANPEDIA」とは、日本アセアンセンターが2016年に開設した、主に中学生・高校生を対象としたASEANについて楽しく学ぶためのウェブサイトだ。

ASEAN加盟各国の基礎情報のほか、世界遺産、レシピ、民族衣装、スポーツ、動物など、親しみやすいトピックも盛り込まれている。


また、日本とASEAN諸国の長年にわたる交流史年表や、貿易・投資・観光・人物交流を始めとした様々なテーマについて数字を使いながら解説しているコラムなど、多様な情報を提供しつつ、楽しみながら学べる内容となっている。

同サイトの冊子版「ASEANPEDIA~ASEANまるわかり~」は、2015年発行以来、6万部以上配布されおり、日本国内の中学校・高等学校にて教材としても活用されている。なお、「ASEANPEDIA~ASEANまるわかり~」は、日本アセアンセンターのWEBサイトより資料請求可能だ。

5つのコンテンツを追加

同リニューアルでは、新コンテンツとして5つが追加された。

動画シリーズ「大使館で知る!ASEAN10カ国どんなところ?」は、駐日ASEAN各国大使館とともに制作するシリーズ。各国の簡単な概要や日本との関係、代表的な伝統文化、言語などを、約5分の動画で学ぶことができる。現在ブルネイ・ダルサラーム、インドネシア、フィリピン、ベトナムの動画を閲覧でき、他の国の動画も順次追加予定とのこと。

ASEAN地域に暮らす多様な民族の人々をイラストで見る「ASEANの人々」では、多様なASEANの人々や代表的な民族衣装がオリジナルのイラストで紹介されている。


動画「ここにもそこにもASEAN」では、ある日本の中学生の生活を通して、身近にあるASEAN諸国とのかかわりを見ながら学ぶことができる。

そのほか、ASEAN地域の中でも、カンボジア・ラオス・ミャンマー・タイ・ベトナムのメコン地域で盛んに行われている曜日占い「メコン占い」で占うことができたり、「ASEANクイズ」にも挑戦できる。クイズの答えは全て同サイト内にあるのでチェックしてみて。

リニューアルした「ASEANPEDIA」にアクセスして、東南アジアについて楽しく学んでみては。

ASEANPEDIA:https://aseanpedia.asean.or.jp/

※1967年に結成された地域協力機構。加盟10カ国(ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)の総人口は6億5千万人を超える



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録