四児ママ・辻希美さん自作の「シナモロール」キャラ弁がスゴすぎる!

更新日:2022年7月17日 / 公開日:2022年7月17日

四児ママの辻希美さんが、中3の長女・希空さんの運動会のお弁当を作る様子を公開。この日は「前から作りたかったものにチャレンジ」してみたそうです。

「シンプルなものこそむずい」

早朝、顔にパックを貼った状態からお弁当作りを始めた辻さん。スキンケアと家事を一緒にやっちゃって時短、わかる~。ママのリアルな日常を見せてくれています。

まずは卵焼きを作るために卵を割ろうとしたら、卵がまさかのゆで卵だったというオチ。割れない卵に「怖っ」とつぶやく、辻さんの冷静なリアクションに思わずふき出してしまいます。

一方で、焼き上がった卵焼きは、巻き簾を使って形を整えるマメっぷり。豚の野菜巻きと鶏のから揚げは、前日夜に下ごしらえ済みなので、それぞれ焼くだけ&揚げるだけです。

ソーセージを切って焼き、半分にカットした茹でとうもろこし、チルドのミートボール、茹でたブロッコリー、ハローキティとポムポムプリンのかまぼこを用意し、すべてのおかずがそろいました。

実はこの日、「前から作りたかったもの」として、辻さんは希空さんが好きなサンリオのキャラクター「シナモロール」のキャラ弁に挑戦していました。

ただ、事前に「シナモロール」のキャラ弁用のパーツを買ったつもりが、間違えて「ポムポムプリン」のパーツを買ってしまったという痛恨のミス……!それでも諦めない辻さんは、パーツに頼らず自力でキャラ弁作りに挑みます!

お弁当箱の中心部分に、シナモロールの顔と耳の形に握ったご飯を詰めたら、空いた部分におかずをどんどん入れていきます。詰め終わったら、海苔を細かくカットしてシナモロールの目と口を、星型や丸型にくり抜いたハムとチーズでほっぺたの部分などを作っていきますが、辻さんは「シンプルなものこそむずい」「なんか違う」「全然可愛くないじゃん!」と試行錯誤。

さらに、「めちゃめちゃ可愛い」と絶賛していたはずのハローキティとポムポムプリンのかまぼこを入れていなかったことに気づき、おかずの詰め方を再調整していました。お弁当へのこだわりが感じられますね。

辻さんは「怪しいシナモンになっちゃった」とこぼしていたものの、できあがったお弁当はとっても可愛らしく、どのおかずもおいしそうです。愛情たっぷりのキャラ弁に、きっと希空さんも喜んだことでしょう。

辻希美さんオフィシャルブログより

<関連記事> ・まんざらでもない0歳弟とゴキゲンな19歳の兄!「年の差兄弟」の筋トレ風おんぶにほっこり

「舐めんなよ」保護者会のあと高校生息子から唐突なLINEが届いた母の悲劇【全部見られていたなんて!】

「めんどうくさいタイプの男に育つかもしれません」パパが書いた保育園の連絡帳が面白すぎる!


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録