親しみやすい商品で子供の防災意識を向上!サンリオキャラクターの災害用トイレが発売

更新日:2022年7月20日 / 公開日:2022年7月20日


災害用トイレの大手メーカー「まいにち」から、子供たちが親しみをもって持ち運べるような防災・災害用トイレ商品が登場。サンリオキャラクターデザインのフィルムで包装した災害用トイレ3つをセットにした「エチケット袋」が、7月11日(月)より発売されている。

また、幼稚園・保育園の児童向けに、防災用品を入れたリュック「LIFE BAG(ライフバッグ)」が7月25日(月)より発売される。

防災弱者を守る取り組み

1974年創業の「まいにち」は、災害用のトイレやテントセットなどを開発・販売している。同社のネットショップでのアンケートによると、防災意識は若年層になればなるほど関心が低い一方、災害時には子供の精神的な負担が大きく、心的外傷(トラウマ)が残る可能性もある。

そこで、同社では防災弱者と呼ばれる高齢者、子供、障害者を守る“福祉と防災”への取り組みを強化。子供たちを守ることを目的に、児童向け商品のさらなる開発のほか、高齢者向け、障害者向けの商品開発にも力を注いでいる。

サンリオキャラクターをデザインした災害用トイレ

同社の災害用トイレ「マイレット」は、排便袋と抗菌性凝固剤がセットになっていて、水を使わずに既存のトイレ等で簡単にトイレ処理ができるもの。使用後は袋を結び、可燃ごみとして処分可能。10年の長期保存ができるのもポイントだ。

児童向け「エチケット袋」のベース商品となる「マイレットmini-1」は、3個528円(税込)で販売している。


「エチケット袋」1100円(税込)に入る災害用トイレ3つは、男児向けが「ポチャッコ」「タキシードサム」「バッドばつ丸」の絵柄、


女児向けが「クロミ」「ポムポムプリン」「シナモロール」の絵柄を採用している。

災害時に必要な16点がセットに


「LIFE BAG」1万6280円(税込)は、防災リュックに非常食パン、備蓄用保存水、ホイッスル、簡易型ライト、非常用トイレなど16点が入ったセット。非常食ようかん・クッキーや折り紙、色鉛筆など、心のケアを図り、親が迎えに来るまで安心できるアイテムも含まれており、非常用トイレは「大小兼用」のほか、簡単に使える「小専用」を揃えている。


サイズはS(7リットル)とM(10リットル)の2種類で、児童の体のサイズに合わせて選ぶことが可能だ。


重さはいずれも約2kg。同セットを幼稚園・保育園に備えてもらうことを勧めている。

「まいにち」は、災害用トイレ・テントを「マイレット」ブランドで販売しているが、「LIFE BAG」は個人向けのため「UNOT(アンノット)」ブランドで販売する。園児の保護者に販売する場合は、幼稚園・保育園が販売代理店となる。

子供向けの防災用品に興味がある人は、公式サイトをチェックしてみよう。

マイレットブランドHP:https://mylet.jp/
まいにちHP:https://my21.jp/

©2022 SANRIO CO.,LTD.APPROVAL NO.L632402



この記事の著者

ログイン・無料会員登録