夏の日ざしから子どもを守る! 紫外線カット&メッシュ素材の自転車用「チャイルドシートカバー サンシェード」新発売

更新日:2022年7月21日 / 公開日:2022年7月21日

“みんなでつくる育児グッズブランド”「chibito」は7月20日、「チャイルドシートカバー サンシェード」を発売しました。

自転車用「チャイルドシートカバー サンシェード」

同商品は、自転車用チャイルドシートに直接陽射しが当たるのを防ぎ、紫外線や火傷から子どもを守るサンシェード。日よけ部分は紫外線を90.4%カットし、前方から入る風が後方や両脇から抜けるよう設計されています。

夏のチャイルドシートは炎天下では70℃を超えることも

夏のチャイルドシートは、炎天下では70℃を超えることもあり(同社調べ)、その熱さから子どもが自転車に乗りたがらないことがあります。幼い子どもにとっては火傷レベルの温度です。

また、夏は公園や川沿いでの蚊による虫刺され対策も重要。同社では2020年より、レインカバーとサンシェードとをセットにした商品を販売していますが、雨の日は自転車に乗らないというユーザーもいるそうです。

そこで今回、夏の日よけに特化した新商品を用意。通気性を高めた構造にすることで、夏でも快適に自転車移動ができる商品になっています。

自転車チャイルドシートの熱をやわらげ紫外線をカット、虫よけ機能も

1.子どもを紫外線&暑さから守るサンシェード部とメッシュ部を採用

本商品には、ルーフ(前窓から屋根にあたる部分)には紫外線をカットするサンシェード部と通気を確保するメッシュ部を設けられています。前から入った空気は、自転車で走行中には後方のメッシュから抜け、さらにサイドの窓に設けた通気用のスナップを留めると左右からも抜けていく設計です。

2.立体フレームで顔回り広々、横風を受けても安心の構造

外側に開こうとするバネの特質を生かした立体構造のカバー本体を採用。しっかりと自立するので子どもの顔にカバーがかからず、顔周りに広々とした空間を作ります。横風を受けても、いったん風を「いなして戻る」のであおられにくく、カバーの形が崩れにくいのも特徴です(特許登録済み)。

3.大きく開いて乗せ降ろしラクラク。後ろ用は3方向からOK

ルーフ部分は両側のファスナーを開ければ上へ大きく開くため、前から抱っこしての乗せ降ろしもラクラク。後ろ用は両サイドが足元までドアのように大きく開き、チャイルドシートの左右からも乗せ降ろしOK。忙しい朝でもスムーズに乗せ降ろしできます。

商品概要

●商品名:「チャイルドシートカバー サンシェード」 ●素材:生地 ナイロン100% (裏 PUコーティング)、PVC、ステンレスワイヤー ●価格:前用11,880円、後ろ用12,210円 ●カラー:グレー ●ブランドサイト商品ページ:https://www.chibito.jp/sunshade ●オンラインショップ:https://shop.chibito.jp/

chibito https://www.chibito.jp/

(マイナビ子育て編集部)

<関連リンク> ・ヤマハの電動自転車「PAS Babby un SP coord.」はおしゃれカラーで気分もアガる! 年子ママが試乗してみた

【医師監修】赤ちゃんは自転車にいつから乗せられる?注意点や自転車の選び方

母子が乗った自転車事故で乳児死亡「前抱っこ」での悲劇を防ぐために知っておきたいこと


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録