味噌を使ったオリジナルスープが楽しめる「MISONOMI Soup Stand」清澄白河にオープン

更新日:2022年7月25日 / 公開日:2022年7月25日


味噌をベースにしたオリジナルスープ「MISONOMI」のアトリエ&カフェ「MISONOMI Soup Stand」が、7月30日(土)、清澄白河にオープンする。

独自開発のオリジナルレシピ


世界に誇る日本の伝統的な発酵食品である“味噌”。身近にありながら現代人の生活から疎遠になっている味噌を、おいしく楽しみながら、新しい形でライススタイルに取り込めるようにと独自に開発して生まれたオリジナルレシピが「MISONOMI」だ。

海外のカルチャーを取り入れるだけではなく、日本の食文化をアップデートし、海外に発信していきたい、そんな思いからスタートしている。

ちょっと新しい味噌スープの実


「MISONOMI」はキャンバスに見立てた最中に彩り豊かなフリーズドライの具材と旨味たっぷりの生味噌を盛り付けた、ちょっと新しい味噌スープの実。


自身の手でお湯を注ぎ、実を崩していくと、温かな一杯が出来上がる。

同商品は、素材にこだわった甘みのある麦味噌とあごだし、ヴィーガンでも楽しめる玄米味噌と野菜ブイヨンなどヘルシーで旨みたっぷりの出汁とフリーズドライの具材を組み合わせているのが特徴。

カレースープやポタージュスープ、スパイシースープなど8種の個性豊かなスープそれぞれには、春夏秋冬の情景や、広大な景色と色彩をモチーフにしてアートのように作品名が付けられている。

「MISONOMI」8種やセットメニューを楽しめる


今回オープンする「MISONOMI Soup Stand」では、オリジナルレシピ「MISONOMI」8種のイートインとテイクアウトを中心に、塩にぎりとのセットメニュー、麦味噌の原料はだか麦のお茶などのドリンクメニューも販売する。


「MISONOMI」は、自然の甘みが優しい麦みそに野菜ブイヨン、あごだしをブレンドしたスープ『麦(M U G I)』から、​コーンとチーズのポタージュみそスープ「Y E L L O W F I E L D」、


白きくらげと昆布の梅サワーみそスープP I N K L A G O O N」、


にんじんとクコの実の黒ごまみそスープ「O R A N G E S U N R I S E」、


桜えびと大根のあおさみそスープ「G R E E N W A V E」がラインアップ。


また、玄米味噌に野菜ブイヨンをブレンドした、ヴィーガンでも美味しく味わえるスープ『玄米(G E N M A I)』は、ズッキーニとオクラのヘンプシードみそスープ「L A S H F O R E S T」、


かぼちゃ・コーン・玉ねぎのカレーみそスープ「S P I C Y M O O N」、


えのき・蓮根・クコの実のキヌアみそスープ「B E R R Y H I L L」、


舞茸とごぼうの白ごまみそスープ「F A L L E N L E A F」が揃う。「MISONOMI」の価格は全て税込800円だ。

この機会に、味噌をつかったオリジナルスープが楽しめる「MISONOMI Soup Stand」へ足を運んでみては。

■MISONOMI Soup Stand
住所:東京都江東区常盤1-15-1 1F ミツメ内
HP:https://www.misonomi.com/
Instagram:https://www.instagram.com/misonomi_jp/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録